ごほうび 

今朝
田んぼのお世話さんから電話。

「草が大変じゃ。今日、これる?」


行きます、行きます。
世羅で5時から子どもたちのクラスができれば良いので。

ドライブ90分。


着いたところは



稲のなのか草なのか?
びっちりの緑のカーペット。

先週はスジに並んどったよね?


草がらしを撒けば
なんてことないだけど

やるのだ、人力。



2時間と決めて
エリア設定。


ずっとずーーっと
エア椅子に座っている状態。

午前中
ジャザのクラスが腹筋大臀筋集中だったので膝にきてる。


昔のひとは
すごいな…。
前世の私もこうしてお米を
イタリア辺りで作ってたのかも。

そして
こうして
機械とか農薬とか使ってしまえば
早く済むような
意味ないように見えることが
できるこの時間を

幸せと言わずして
なんと言おう。



稲の中の草も取る。
今はまだ草の方が弱くて
さっと引っ張ると草だけが抜けてくれる。



とりあえず今日のとこは。

明後日また来ます。



ごほうびに
誰が用意しておいてくれました。




コサギの羽根かな?

よいものをどうもありがとうございました。

夏至だなぁ 

例年なら梅仕事が楽しくて
ウキウキのMyyですが

なんだか梅と折り合いがつかない、今年。
梅干し用につけてはみたものの
残りを真っ黒にしてしまった。
あと冷蔵庫にも…。

何故かな?
私の問題。
できてないことがたくさんあるから。
掃除や衣類の整理や頼まれごとやら担当やら。できてないのに季節は進む。
ただただ眠たい。ずっとベットの中にいたい。そんな感じで数ヶ月過ぎている。


だから
みむら姉さんも
中学最初の定期考査初日を休んだ、のかな?
入学当初から
行きたくないモードのみむら姉さん。
胃痛や吐き気とともに3ヶ月過ごしてきた。

さすがに試験日の朝、泣かなくてもとは
思ったものの、
行きたくないのに行っても良いことにはならない雰囲気。
(行ったら楽しかったよ〜のケースがほとんどなんだけど、そこは見極める。)

私は仕事だから家を出る。
その間に
ポンと飛ばれたら嫌なので
職場の事務室で勉強させてもらった。
幸い早く往診が終わり
夕食まで少し余裕ができた。

私の気が張ってたのでしょう、アイスコーヒー飲みたくて

ミスドで新商品。
仕事先の
スタッフのおばちゃん達にも突っ込まれつつ
みむら姉さんも居心地悪かったかもしれない。
今日はどこにもいても心地悪いに違いない。

わかるよって言っても
どうせ私のことはわからない、と
みむら姉さんは思うでしょう。
だからあんまり言わないけど
つらいだろうなと、私は思う。
わかるよって言いたいのだけど
きっと言っても届かない。
それを思ってそばにいたいだけ。
それくらいしかできない、情けない私。

母は
学校に対して無力だ。
けど
戦うべき時もあるのかもしれない。

3人の子どもがそれぞれの先生の元
過ごしてきて、たくさんの先生にお世話になったけど
これほどまでに
担任に対して
「物申したく」なったことは無い。
今日は嫌味のような学級通信付き。
すなふきんは
「気にし過ぎでしょ。こっちに意識がないのよ。」とのたまう。
すなふきんは
比較的日々客観的で
自分に理不尽な顧問に対しても
カバーできるほど、冷静である。

ふむ。


ただ、みむら姉さんのつらさは
私が請け負いたい。



夏至でしたね。
思考は遠く
宇宙がわたしに語りかける時期。

往診先のご老人たちも
だいぶ雰囲気が違い
「ここに居ない。」方が多い。




わたし


大好きだ〜〜が
もろわかりに出てしまうので
困った季節。
抑えようとして不自然なわたし。

いつまで
季節のせいにして
わたしを素直に表現しないのだろう。


車ので中で
「大好きだ〜〜」と叫ぶ私は
少しかわいく
少しかなしい。

はなまる 

今日のわたしへ

天文がくれた
(私の先生的には世界が、に、なるのかしらね?)



はなまる






私にとっては
この摂理が科学的であろうが
スピリチュアリズムであろうが
知ったこっちゃない。

神様なのかもしれないし
何かの高次的存在なのかもしれない。


とりあえず

欣いものみた。

人を想う 

大切な人の
お誕生日である。


最近はFBが教えてくれて
みんなが投稿して
「忘れとった。
私も私も。」みたいな感じ。


大切な人のお誕生日は
忘れない。

同じ時代に生まれて
出逢って
一緒にいろんなことして
楽しかったり
嫌だったり
忘れたくなったり。

距離があって
それぞれの暮らしがあって
各々の道に立っている。


大切な人のお誕生日は
そんなことを
しみじみ考えさせてくれる。



日曜日
代かきからもどると
みむら姉さんが
大量のクッキーを焼いていた。

「金曜日まで持つかなぁ。
すなふきんが全部食べないように隠しとく。」とのたまう。

変ねーって思いつつ

「この時期じゃけ、早く食べた方がいいかも。乾燥剤と密閉容器があればいいけど、心配。」と私。


「あ〜〜、じゃあ明日渡すわ。
まあくん、金曜日が誕生日なんよね、ユウナも6月。」


あ〜〜そういうことでしたか。


親子だな。





幼稚園の時に
半年だけ一緒だった男の子。
広島に戻ってきて
小学校が同じになり
中学も同じになりました。

多分
たぶん
男子として好きというより
兄妹みたいな感じでいるのだと思う。
まぁ
恋に発展するのもありじゃない?と
期待する母ではある。





大切な人

それぞれに

やめたいだよ 

昨日の夕方

ラクシーと、私だけ。


えーっと、なんかする?

何していい?
何するんだっけ?

そんな時間。


夜はカミナリ。

荒れて始まる6月。


やめたいだよ。
やめたい。

夏休みの企画を立てながら。


私はやめたい。


誰も私の事は
気に留めてない…。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ