メタモルフォーゼ 

3月初めから

ざわざわ。

小さな変化。
大きな変化。


春は苦手。


そして先日の
やってしまった…。
何度もやってくる失敗。

でも
今回は
変えてみよう。
そう動き出して

今日
シュタイナー教室の先生とお話しした。

きっと
わたしの「克服」のためのお知らせ。

私が傷つけた方が
良い方なので
私は甘えている、の上でお任せしたい。

その後の裁きを受ける覚悟もできた。
一緒に学べなくなる
先生からも離れる覚悟を。


学びたければ
何からでも学べる

言葉を
私は実践したい。
罰とともに…。


の今日。

寝る前になってちびのみぃが
「、、、に、血がついてる…。」
耳元、小声。



私は
なんだか
嬉しくて
ぎゅっ。

私の初潮も
早くて。


みむら姉さんの時も
早め早めに
伝えていた。


お風呂とかで
じゃぁ〜って。
基本、私はえぐいヤツ。

女の事実を
突き付けていたかもしれない、冷静に。



私は
母から
黒いイメージで
汚れてるイメージで伝えられていた。
罪sinのように…。
10才に、なった春休み(早生まれだから)に
やってきた、こと。
私の汚れ…。


学校で、「性教育」授業の時に
スライドとか見た後
「気持ち悪いね」って言ってる同級生に

「ごめん、気持ち悪いのよね、私」って
思ったことはある。


過去を振り返ると
私の中で
「性」に関して思い出される暗い点々。
みんな通ってきてるんだけどね。



だから

体の変化を
事実として
物理的に、科学的に説明する。


そもそも
赤ちゃんが、
あなたが生まれてきた事を
ずっと天使と雲の上での世界とのことで
語ってきたから。
全然、科学的ではない、その、
その基盤を知っている。
共有している世界。

私は
性別。性行為。生殖活動。
本能として理性として感情の表現として依存として必要なこととして子どもたちには
ほんわか(のつもり)で伝える。
私がそうだから。
肉体を使ってなんぼだと思っている。

隠さない。
ほんとは
隠した方がいいのかもしれない
その認識も持ちつつ。



なんだか
親の役目を終えつつある
今の私。
もちろんまだ私の子どもたちにできることもある。
けど
見て
楽しみたい。

辛いこと
苦しいこと
悲しいこと
攻撃してしまうこと


どれもが
必要なこと。



でも言い訳にしない。
事実であること。




おめでとう、女性としての誕生日。



また
これからが楽しみです。

あっ、シュタイナーの先生が先月
「新たな可能性が見え始めましたね。」って言ってくださったのが、まるで予言のようですね。

しないでいる愛 

「いらんことせんでくれる?」


歯科医師として
よく言われること。

そして
父からの教え。

「患者さんのしてほしくないことは
するな」


歯医者でさわられたとこが
悪くなった。
歯医者でいらんことされた。
歯医者にいったけぇ痛くなった。
歯石とって歯がガタガタする。
しみるようになった。


一時的な不具合が生じるけど
本当は
生態的には必要な処置なのです。


こちらもプロなので
必要な処置はしたい。
このままにしておくと
歯がなくなるよ〜〜。

そこを上手に説明できるか否かが
長い目で見た時の
歯科医師の力量だとおもう。
反感買って
悪化されるよりは
細々つながってくれている方が
口腔環境を改善しやすいと思う。

私は訪問歯科医なので
いろんな歯科医師の後を追って
治療させていただいている。
患者さんの気持ちとは裏腹に
その時その場に行ける歯医者として。

毎度毎度
その方のモチベーションを探る。


そこは
私にとっては
楽しいこと。
何か私でもお手伝いできることがあるのではないか、と?


そんなことが
私の仕事としての楽しみ。




何故このことに
光を当てたのか?


仕事から帰って
ずぶ濡れのみむら姉さん。

みむら姉さんは
この春から
駅まで15分
自転車で通っている。

今日みたいな雨の日
携帯電話をもってるお友達が
帰り道に
ママに連絡する。
駅まで車でお迎えに来てくれる。
「乗って行って」って誘われる。
みむら姉さんは断れない。
家まで帰る。

着替えて家から駅まで歩いて自転車を取りに行く。ずぶ濡れ。

私が
仕事をしているから迎えに行かない、は
理由ではない。
朝も駅まで送ることはできる。けど
私は自分で学校に通ってほしいと思っている。
わが家は子どもたちに携帯電話をもたせていない。
私も仕事柄
携帯電話に出られない。
ちびのみぃが学校で吐いて連絡があった時も電話に出られずたまたまお兄さんが小学校に行ってくれた。
それを
ありがとう、という気持ちで
よくできたねと言う気持ちで
私は過ごしていきたい。

お迎えに行ってくださったお母さんには
申し訳ないのですけど

「いらんことせんでくれる?」の
気持ちなのだ。

もちろんありがたいのよ。
少なくとも
教科書が濡れなくてすむ。
制服もね。


でもね。


明日の朝
駅まで歩くか、
夕方、自転車取りにまた駅まで歩くか。

めんどくさいこと
この上ない。

良いお母さんなので
朝も送るよって言ってくださるのだけど。

親ができることは
そこだけではない。


だったら小学校の委員とかを積極的にしてって思う。
我が子と、我が子に近い子にすることだけが
子どもを支えているわけではない。


待っているのは
現代人には辛いことなのはよくわかる。
私も待てない、せっかちさん。


大人が待てないから
スーパーで
その気持ちを
小さな子どもが表現する。


豊かなのに
かなしい。
もうすでに持っているのに…。


私は
愛をもって
見ていることができるだろうか。

「しないでいる愛」は
だいぶ大きい。
それを実践している人が
近くにいるだけに…。

とんとんとん、忘れてますよ 

私が消えてしまいたくなるときが
時々やってくる。

はっきりとした理由がある事もあれば
ぼんやりとやってくることも。


はっきりした理由。
やらねばならない事が出来ていない。
逃避のため
私は消えたくなる。

今回もそうかな?

たまってる事を


すなふきんの部活のブログアップ。



200枚の試合の写真を投稿。

目が疲れる。


たのまれているライアーケース。

こちらは5か月もかかって出来上がっていない。
なんでかな?
私にしては珍しく創作意欲がわかない。
布のせい?
私の中のやろう!が発動しない…。



そんな感じで
少し
身体をこちらの世界になじませてから
仕事に出かけた。

そんなときの私に
起きることは
肩をとんとんってたたかれるみたいな
あたたかい出来事。

ありがたい出来事。

普通は
スタッフさんや患者さんの支えやお気遣いからやってくることが多いのだけど
(そこは素直にありがとうなのです。)
昨日のミラクルは
誰が準備してくれたのか
ちょっとわからない。

もう手を合わせるしかない。

おかげで患者さんも私も
スムーズに動くことができました。



加えて
嬉しいことも。

最近、気になっていた人
少し離れたところから見ていた人が

近づいて来てくれている感じがあった、
気持ちの面でね。



振り返らないといけないこともある。
反省、後悔、など。
けれどそこから
動き出すことも
あるのかもしれない。
全部が全部のつながりを大切にするのは
私には無理なようだ。


私がわたしにかえるとき
わたしらしい不都合なこともたくさん起きる。
今まではその不都合なことの
対処法として
自分を変えることばかりしてきた。
そしてなかったことにしてきた。


誰かを傷つけたことで
私のあり方を変えるのではなく

そのままの未熟なわたしで
行動を変えることができるのではないかな?

ごめんなさい。
こんな私で。
でももう少しおつきあいしてくれませんか?




大切なひとたちのことは
大切に想っていよう。
今の私にできるかぎりで。

たくさんの失敗を 

また
やってしまったらしい。

大切な人を傷つけるという
私の未熟なあり方。

私の本音は
私にとっては
事実であるが
その対象、というか
その人がそうと言うわけではないことが
最近
わかってきた。
けど
その方にとっては
ストレート過ぎるみたいだ。
デッドボールのようだ。

私にとってうざったいことは
その人にとってはベストなことであり

逆に
私の存在がうざったい人はたくさんいらっしゃる、から
私は組織から
外された、のだろう。
さらに問題なのは
私が
人にうざったく思われることに
慣れっこなので
私物差しだと
だいぶ
「そう思われても仕方ない」メジャーの
目盛りが大きい、雑。


「僕は人間じゃないんです、ほんとうにごめんなさい。」
RADWIMPS
棒人間
の世界です。

RADWIMPS
「君の名は。」でうれちゃったから
新しいアルバム出てどうかな?って思ったけど
予想裏切らずの
「棒人間」

そして
今回のドラマテーマソング起用。

ドラマ内容がどうなのか?
RADの世界にあっているのかは
今後も注目。
今の所
何方かと言えば
好きな方面💗

ちゅうか
フランケンシュタインは
好きな映画。

不器用ながら
自分が生まれたことを真摯に考える。



話は右左。


だから
私がやらかす失敗について
ごめんなさいとともに
誰かとの関わりで
産まれることなので
その誰かさんがいてくれることを
感謝した

そんな




家飲みの



串揚げ夕食の




明日の
むーみんの晩ご飯用意の



ちびのみぃも
明日お弁当なんですっての
弁当4個分に追われて

もうすでに
連休は開け開け。
早めにモード切り替え。


何度も言うけど

私はまだ人間ではないらしい。
ごめんなさい。

年を重ねる 


連休も
今日で終わり。

どこへ行くこともなく
のんびり。


お昼ご飯に
おうどん買いに。

信号待ち。

振り返ると



被服支廠

被爆建物。

先日内部公開ツアーがあったみたい。
いつか入ってみたいな。

この通りが地区再開発になる前は
小さな古い民家に囲まれてて
草が伸び放題で
薄暗い、置き去りにされた、寂しい建物だと思っていた。

明るい日が差し
手も入り補修され
少し誇りをかもしだしている。



この建物は
子どもの頃から好きで
今のおうちはこのイメージでって思っていた…、むーみんの好みで程遠くなってしまったが。



熱で歪んだ鉄の扉。


こんなに天気の良い
気持ちの良い空の下

少しだけ71年前の
厳しい時代に想いをよせてみた。



おうどん
お家で作って食べました。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ