藻谷浩介氏講演会in福山市 

ラボ教育センター45周年記念行事
岡山地区研「藻谷浩介氏講演会」が福山市でありました。

Myyは広島東地区ですが福山なら広島市に行くより近いじゃん!っていうのと
ラボOBOGってどんなんだ??っていう好奇心から
高速使って1時間、でかけました(どこに行くにも車で、高速道路で、です。)

おもしろかったです、語り口調が。
でも、ただキャッチーなんじゃなくて、それは藻谷さんが意識されてるところ。
「声をとばす」
ラボのキャンプで小さい子や輪に入れない子が
どうしたら楽しいキャンプが過ごせるか(ここのキャンプは合宿に近い)、
グループのリーダーを務めて、工夫されたところだそうです。

聞いてなさそうな人にどうしたら自分の気持ちが届くか?
話したらOKじゃなくて、届かないと。
そういう気持ちで2時間お話しして下さったのです。

そして、びっくりしたのは

先々週、広島西東合同で企画した門脇厚先生の講演会と

根底は一緒だったってこと(と私は受けとめた)。

門脇先生のことばにすれば
「互恵的恊働社会」
藻谷さんによれば
「自分がよければそれでいいのか」

今後日本が元気にいるには
一人一人ができることをやってみんなでしあわせになるって考えが
大切なんだなあ、ということです。

教育にはお金がかかるって、どうして思い始めたんだろう(受験産業の存在)…。

子どもがいるってことが社会をつくってるんじゃないの?

子育て世代にはあまりある程、激励のこもった講演会でした。
そこにラボの理念が「次代を担う最先端な訳」があることもわかりました。

他にも面白いお話がたくさんあって
(Myyみたいな団塊の世代ジュニアの悪の起源分析とか)

わあ、現代日本の成り立ちがわかるわかるって思いました。

藻谷さんの理論には賛否両論あるのは知っているのですが

「人に頼まれたことは断らない」っていうのと
「自分の目で見ないと信じない」っていうことを実践されているのには敬服しました。

「ブログなんかいいことしか書かないでしょ?」っていうのも
ちょっと納得です、はずかしながら。


私はテューターとして
他人に流されない自分として生きられる人を育てられるかしら??

責任、重いかなあ。

でもね、私も他人に流されず
「子どもが大切」って思いながら一緒にいると
いいかなって思います、いいかげん?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/91-73ca7fe9

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ