ありがとうの反意語? 

「ありがとう」の反意語は
「当たり前」だと聞いた。

私の中ではしっくりしない。



Radwimps の「ラストバージン」で
「あなたの当たり前になりたい」彼女の話が出てくる。
共感する。


あなたの特別ではなく
当たり前に在る私になりたい。

空気のような
水のような
重力のような
熱のような

そんな当たり前になりたい。


(人によってはそれすらも「在る事難し」だと思うけど)


でも普通に暮らしていれば
当たり前のこと。
私はそんな当たり前になりたいと思う…。


本当に?

当たり前の存在になった途端に
悲しくなるんじゃないかな?
「ありがとう」って
言って欲しいのでは無いけど、
どこかで

「大切にして欲しい」

が湧いてくる気がする。




わが子のことを思うと
本当にそこに在ること、存在が
感謝である。
そして親としての私を
当たり前として使って欲しい。


多分、対象限定表現なのかなって思う。






当たり前にはなかなか慣れない。

有難いにもなれない私が思うので
「当たり前」はだいぶ遠い。

でも
「あなたの当たり前になりたい。」は望んでいよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/489-b6ab4ec0

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ