FC2ブログ

寝床をつくる 

夜に寝るのは苦手なMyyです。
そのくせ朝起きれないし
ほんとはずっと横になっていたい私です。


明日のお弁当の準備
明日の晩ご飯の準備
曜日によってはその次の日の朝ごはんとお昼ご飯までします。
そのためにガソリン満タン。
作業が終わったら
ガス欠のように眠る…。
そんな日々。


夜寝るために努力する事にしました。


寝心地の良いとこ。は
ここ。



家事室。1.5×2.0mくらいの部屋。

敷物は汗取りパッドと膝掛け。
瞑想用の座布団。

ラクシーにかきかき掛物取られそう。

キャンプに行きたいなぁ……。
地面で寝たい。

何回か
むーみんがいるときは
こちらで寝てみて快適。
私が柔らかいとこで寝るのが苦手なせいかも。

朝起きてそのまま台所ってのも良い。






今日は
ちょっと大手の介護施設でのお仕事。
ここで大変なのは
患者さんとのやりとりじゃなく
介護士さんと
家族さんの板ばさみになることです。


介護士さんは
「口開けんのんよ。入れ歯入れるのもかわいそう。」と言いつつ
「歯医者も口開けさせられん人じゃけ、うちらには無理無理。」と。
看護師さんも
「本人の尊厳に任せて食べさせないと体重が減ります。」と管理を気にされ
家族さんは
「こんなに痩せて。世話してもらってないんじゃないの?」


で今日の
嬉しかったこと。

とりあえず
毎週の治療とケアに入らせてもらえることになった90歳のダンディーさん。
目も開かないし
呼びかけにお返事もない。


マッサージ、舌の運動を促した。
終わりには
「ご飯たべる、指切りげんまん」の歌を歌った。目は開けてくださらなかったけど、一緒に歌えた!
その後すぐにおやつの時間が来て
介護士さんが
「え~。口開けてくれた!」と言ってくださった。いつもと違うって。
実は先週もケアの後の夕食がスムーズだったと。


またまたご本人の調子が良かったのか
介護士さんとの相性が良かったのか。


にしても
これがきっかけで
現場の方たちが気づいてくださるといいなと思うのは
「ご飯たべるときは急かさないで」って
誰もが思っているということ。

好きなものを
楽しく
好きな人と
お話ししながら
リラックスして
食べる



忘れがちなこと。
日々無意識。

「口から入らなくなったらお別れの時期です。」とデンマークで聞いてきた。
文化が違うので一概には言えないのだけど
私はその路線で老人医療に接していたい。


意識的に行うということ。

今日のシュタイナーのクラスでも
話題になりました。

能動的に思考すること。



能動的に休もう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/478-9ba9a14a

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ