子どもたちに癒される 

五月病なのかしら?


だるだるしてたいの。

仕事は順調。
まぁ、毎度多少の困難はあります。

気持ちは伝わるのだけど
「ことばが通じない」。

「噛んでください」は伝わらない。
何かお口に入れてもぐもぐしてもらうことくらい。

逆に
言葉は通じなくて無言のまま
診療できる方もある。

もっと上手な先生なら
ささっとなさるのでしょう。

なにはともあれスタッフさんの
気配りのおかげ。
ありがたいことです。


そんな帰宅後

晩ご飯の準備には
かなりのジャンプ力がいる。
とりあえず
ビール飲もう。

私は
お弁当にしろ晩ご飯にしろ
食べる人の好み優先。が
料理のルール。
もちろん季節の食材は入れるのだけど
食べてもらわないと意味ないし
体が食べたかっているものに耳を澄ますように気をつけている。


食卓。
むーみんなしの4人。
すなふきんは試験中で
ご機嫌悪く席に着く。
みむら姉さんは
代休だったので明日への不満を連れくる。
ちびのみぃは明日の校外学習のバスの席順が不安でぶつくさ言ってる。

でも
4人そろって
ぐちぐち言ってると
なんだか楽しいことになる。
結局、大笑い。

お互い
「相手に興味を示し話を聞く」という事が出来てるように見えた。

すごいね。

教えたわけでもないのに。

私への思いやりからなのかな?

私は
子どもたちに癒されてる。
私が子どもたちに関わるとき
やはり笑顔が見たくて何かしている。
私が癒させるために。
私が笑顔になるために
子どもたちが笑顔を作る。


毎日毎日
それぞれの学校でがんばっているのに
家庭でも親の顔色うかがい
遠慮しているのかな、うちの子たちは?


6年前に指摘された。
「この子たちはお母さんに遠慮しているのよ。」

そんなのでしょう。
私が遠慮させる雰囲気を作っているのでしょう。

なんだか
どうして良いのかわからない。

とりあえず

「みなさん、ありがとう。こんな私でごめんなさい。」

ほんと生まれて来なければよかった…。
だらだら生きてきたけど
生まれまれてしまったからね、責任を
二酸化炭素出すことについての責任を持たなくては。


できることを
粛々と。
泣いてもいいよね、今夜も誰も見てない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/442-3b055f46

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ