メタモルフォーゼ 

3月初めから

ざわざわ。

小さな変化。
大きな変化。


春は苦手。


そして先日の
やってしまった…。
何度もやってくる失敗。

でも
今回は
変えてみよう。
そう動き出して

今日
シュタイナー教室の先生とお話しした。

きっと
わたしの「克服」のためのお知らせ。

私が傷つけた方が
良い方なので
私は甘えている、の上でお任せしたい。

その後の裁きを受ける覚悟もできた。
一緒に学べなくなる
先生からも離れる覚悟を。


学びたければ
何からでも学べる

言葉を
私は実践したい。
罰とともに…。


の今日。

寝る前になってちびのみぃが
「、、、に、血がついてる…。」
耳元、小声。



私は
なんだか
嬉しくて
ぎゅっ。

私の初潮も
早くて。


みむら姉さんの時も
早め早めに
伝えていた。


お風呂とかで
じゃぁ〜って。
基本、私はえぐいヤツ。

女の事実を
突き付けていたかもしれない、冷静に。



私は
母から
黒いイメージで
汚れてるイメージで伝えられていた。
罪sinのように…。
10才に、なった春休み(早生まれだから)に
やってきた、こと。
私の汚れ…。


学校で、「性教育」授業の時に
スライドとか見た後
「気持ち悪いね」って言ってる同級生に

「ごめん、気持ち悪いのよね、私」って
思ったことはある。


過去を振り返ると
私の中で
「性」に関して思い出される暗い点々。
みんな通ってきてるんだけどね。



だから

体の変化を
事実として
物理的に、科学的に説明する。


そもそも
赤ちゃんが、
あなたが生まれてきた事を
ずっと天使と雲の上での世界とのことで
語ってきたから。
全然、科学的ではない、その、
その基盤を知っている。
共有している世界。

私は
性別。性行為。生殖活動。
本能として理性として感情の表現として依存として必要なこととして子どもたちには
ほんわか(のつもり)で伝える。
私がそうだから。
肉体を使ってなんぼだと思っている。

隠さない。
ほんとは
隠した方がいいのかもしれない
その認識も持ちつつ。



なんだか
親の役目を終えつつある
今の私。
もちろんまだ私の子どもたちにできることもある。
けど
見て
楽しみたい。

辛いこと
苦しいこと
悲しいこと
攻撃してしまうこと


どれもが
必要なこと。



でも言い訳にしない。
事実であること。




おめでとう、女性としての誕生日。



また
これからが楽しみです。

あっ、シュタイナーの先生が先月
「新たな可能性が見え始めましたね。」って言ってくださったのが、まるで予言のようですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/438-bc953003

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ