遠くにいる大切な人について 

美しい風景を見ると
記憶にとどめておきたくて
写真を撮る。
でも見たものが残せてなくて
記憶からも消し去る。

美しい風景を見て
大切な人に伝えたくなる。
でもその人はそばにはいない。
どうして伝えたくなるのか?
伝えてどうしたいのか?
はっきりしない。


大切な人に
大きな声で
愛しているを伝えたい。
でもそれは本当に愛なのか
そして愛していることは
伝わらないような気がする。


イエスは大勢を、
自分を殺すものでさえ愛していた。

そんなイエスに対して
マグダラのマリアはどんな気持ちで
そばにいたのか?
イエスの妻であったとか子どもがいたとか
は信じていない私。
愛する人は
たくさんの人を愛する人。
大勢の中の1人としてのマリアには
葛藤がなかったのか。
そもそもイエスの愛が大きすぎて
自分には見合わないものだと感じたのか?
それでもマリアは
最後までイエスのそばを離れなかった。
ずっと見ていた。


愛についてのヒントを
遠くにいる大切な人が投げかけてくれている。
私にとっては
少し苦しいことだけど
妄想にならないように
起きている現実と
もう少し歩いてみようと思う。


そんな
尾道での1日でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/426-7f067680

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ