春の情景 


毎朝の
(ホントは毎朝ではない、私はこつこつ毎日同じ時間、ができない、情けない根性なしな奴なので)
peace excersise の後に

ルドルフ シュタイナー
「魂のこよみ」
高橋巌 訳
を読むことにしている。

今年はイースターが遅めなので
4月第1週を3週間読むことになった。

「暗く不確かに
人間の本性は 霊なのだと感じ始める。」

復活祭の情景 より。

私は「感じ始める」というくだりが
気に入っている、
それも不確かに…。

こういうところが
シュタイナーの好きなところ。

薄暗く
はっきりしない
夕暮れの
逢う魔が時のような
朝もやの中のような
その感じを
良し
美し
好し
佳し
善し
喜し
欣し…。

と言っている。


はっきりしないのは
居心地悪いのかもしれないけど
私はもともと
はっきりさせたくないのかもしれない。
雰囲気さえあればよい…?


「そこにあるのは事実である」のは
好きだ。
手に届かなくても
ものっすごく遠くても
目に見えなくても。

いえ。
やっぱり
触れていたい。
近くにいたい。
はっきり伝えたい、伝えてほしい。
白黒つけたい。


春分から桜の花が散るまで
もやもやしている、
この春の様子を
実は
私は
私らしさを感じている。
グズグズったれ。
桜の花の
生き急ぐ、潔さが
怖い。


新しいリズムに合わせないといけない
新学期。
そことはなかなか
擦り合わないので
もやもやを
楽しめないのかもしれない。
アメリカ人なら良かったのかな?


ただ
ここ数年で知ったこと。
桜は花より
葉が美しい。

私が待っているのは
葉の白さや
緑の輝き。
濃い緑のたくましさと実積。
そして赤い充足感。


そう考えると
私が苦手なのは
一瞬とか
あっという間とか
感情的とか
私の多血質とは
程遠いところのような気もする。


しばらくは
ルチファーの恋人でいよう。
春分から考えてたこと。

復活祭からの変化はあるのか?


私は
ほんとに
おもしろい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/420-8d3db23d

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ