お彼岸です 

春分の日。

私にとっては
結構
毎年
なんだか
すっきりしない時期の象徴。

とりあえず
お墓まいりはしておこう。

今年は
意図あって
家族5人そろってお墓まいりした。



すなふきんは
練習試合後
お疲れモードの中
快く私のお願いを聞いてくれた、



お父さん。





フグね
お父さんの好物。

お父さんが亡くなってから
見るのも嫌で。
山口の親戚が送ってくるのも
捨ててた。
悔しくて。

でも
お父さんの好きだったもの。
これと引き換えに死んじゃっても
よかったのよね。
馬鹿みたいだけど。






フグ屋で
30までの「いっせぇのせ」ゲームで盛り上がる。
の後は
iPodで曲当てジェスチャーゲーム。



なんだかね
お父さん生きてたらよかったのにね。
お母さんは別として
うちらとご飯食べに行ったら
面白かったと思うよ。

でも
お父さんが生きてたら
妹とお母さんの今の幸せはなかったかもと
思うと
ほんとうに切ない…。
そして
お父さんが死んでほっとしたと思った
あの時の私の事も
私は決して忘れない。


たら、れば、そんな風に
私たちは
日々過ごしている。

亡くなったものは戻ってこないし
普通の今だって過ぎ去っていく。


過ぎていく日々。
当たり前の日々。


私は
私の大切な人に

何ができるのだろうか?
願うことしかできないのかな。

じゃあ
私。




「私はおいていかれたのだけど
ご機嫌よ。」


今年はイースターがまだ先なのです。



もうしばらく
Myyには
すっきりした気持ちは
こないかも。


自我弱し。
エクササイズも
思考を流すことができない。

あなたのことも
流さない。


側にいてほしい。


春分
下弦の月


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/416-8a717483

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ