すねちゃうのね…。 

家族ってなんだろう?

ここ数日のギモン。



「家の中では
のんびりしたい。

家の中では
自由にしていたい。」

反面

「家族だから
楽しくないといけない。

家族には
腹を立ててはいけない。

家族には
本音を言ってはいけない。

家族だから
傷つけてはいけない。」


という人が
むーみん家に
1人いる。ということなのかな。

この週末の
むーみん
すねて晩ご飯食べなかった事件。


私が
みむら姉さんの眼科受診の付き添いを
お願いしたから。
「この世界の片隅に」を
みむら姉さんとちびのみぃと
一緒に観に行く計画を立てたむーみんに
ちびのみぃの仲良しさんも連れて行ったら?って
提案したから。
みむら姉さんの新しい自転車
みむら姉さんと見てきてって
お願いしたから。



疲れちゃったのかな?



確かに
「もう少し
想像力を働かせたら
わかるよね〜。」と笑いながら言った
私が悪かったのだろう。彼にとっては。

俺、頑張ったのに…。




その前にちゃんと
いろんな所に行ってくれたことに
お礼はいったし
伝えたと思ってた。


うーん。

映画観てうちに帰ってきて
ラーメン食べながら
むーみんが
「誰もが泣くって書いてあったのに
そんなでもなかった。」と
なんども私に訴えたのがうっとうしかった。
私は原作の漫画は気に入ってたから。
泣けるよ。
笑えるよ。
派手さはないよ。
そこが良いとこ。って思ってた。
ちょっとイライラしてた。
「泣くポイントがあなたは人とは違ってことじゃない?」
さらっと流した。

自転車見に行く時も
「もし気に入ったのがあったらどうする?」って聞くから

「買ってきて。
ただみむら姉さんの今の自転車は
ちびのみぃが使うから
もし一台引き取れますってお店で言われたらちびのみぃの自転車でも良いか確認して」って
ちゃんと言ったよね、私。

なのに
なんどもお店から電話してきて
さも
私がすべての決定権を持っているかのように
「君が見ていないのに決めたら怒られるんじゃないかと…。」っていう割に
フェイスタイムとかじゃないし。
支払いもしたから
登録にかかる30分の間に
一度家に戻ってきたのは
偉かったよっていうか
待てなかったのね。

帰ってきてから
もうすでに
またお店に行くのは面倒くさいなって
思ってたよね。
そこは私が
その後の段取りを伝えたのに
全く意味がわかっていなかったよね。
もうめんどくさいばかりになってたから。
そもそも
見に行くだけっていう頭だったから。

でもみむら姉さんでも
最初からわかってた。
自転車見に行く→好きなのが見つかる→決める→ちびのみぃの自転車と交換→3人で再度お店に行く
という流れ。

書いてても
いやになる。

これで
なんで
すねることになる?

私が
いらんこと言うけぇ、ね。
むーみんが、傷ついたんよね。


めんどくさ。

うちのお母さんによく似てる。


中学生の時
ほんとのこと言ったら
「Myyが責める〜」ってすねて
私が悪者になるの図。
よくあった。


私は
家族だからといって
好き勝手なこと言っていいとは
思っていない。
けど
気付こうよ
家族だからなんでもしてもらえるってわけじゃないこと。
稼いできてくれてありがとう
留守を守ってくれてありがとう。
子どもたちがいい子に育ってくれてありがとう。

自分ばかりが
我慢していると思うあたりは
むーみんが
憂鬱質だから。
その割に
「自分の、ことが嫌いな人って世の中にあるんかな?」って
真面目な顔で
私たちに聞く、むーみん。
憂鬱質のむーみんが
育った環境が良かったのだと思う。
環境が良いところで育った
憂鬱質の子は
他者を責めるのが得意なのかもしれない。
自分大好きむーみん。


私ができること。

食べる事が大好きな人が
晩ご飯抜いたから
朝ごはんは多めに持たせ
おかずもお肉もいつもより
多めにして
月曜日の朝
送り出しました。

明日帰ってくるかもしれないなので
これから
好物の
ぶり大根を作ります。

みむら姉さんの
「パパ、まだすねとるんかね。」の言葉に
自分の在りようを
反省するMyyなのです。

家族って…。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/407-5d481ae4

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ