不必要な試験 

受験のことで
思い出したことがある。

私の大学受験。

高校ではあまり勉強しなかったので
成績が悪く、
頭も元々良いわけでもない私は
高校3年の時は
とりあえず授業について行くのが
精一杯。
今思っても
うちの学校は
私なんかをよく
国立理系クラスに置いといてくれたなと
感謝する。

でも
国立大学歯学部に行きたくて。
(なぜこだわったかはまた今度)

両親は私立にすればと
父の母校にすればと勧めてくれたのだけど

とにかく国立大学にこだわっていた。
「今年は浪人します。」



受かっても行く気ないのに
父の母校を受験して
当然のように合格して
入学金も入れず

当然
国立大学歯学部は落ちて
浪人した。

ここで問題なのは
「当然のように受かった」と言っていること。

失礼よね。
大学にも
受験生にも。

思い返すと
私はこうやって
自分にたいしても
世間にたいしても
試すことをよくしている。

自分にたいしても
人に対しても
これしたら痛い?
どこまで耐えられる?
ここまでしても受け入れてくれる?
こういう条件なんだけどそれでもいい?
こんな事してもあなたは我慢できる?


『失礼な事しても
ひどい事しても
悪い子でも

私はここにいていいですか?』

ほんとは甘えたくて優しくしてもらいたいだけなのに。



自分を強く見せたい。
弱いのが悪い。
強くならなくては。



わたしに
いらないものを持ち込ませたみたい。


試さなくてもいいのにね。



きっと
今日みたいに
用事がなくても
話がしたいわけでもなく
ただ声が聞きたくて
電話する
甘えんぼな私でもいいのだ。
今はまだ
誰かの手が必要なの。
手を貸してください。
素直にそう言おう。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/377-9749df82

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ