視覚によるいとおしさ 


「ある人」を思い浮かべるとき

まず何を思い起こすかな。

顔。
表情。

次いで声。しゃべり方。
仕草。姿勢。歩き方。

におい。

その人の好きなもの。
などなど。

いわゆる
五感に頼る。

死後の世界では認識できないのだそうな。


これはわかる?




ケーキはわからないけど
いっせぇのせで指差して
かぶらないよう後出ししたり
かぶった時
譲ったり
誰が何を選ぶか想像したり
の雰囲気。
ケーキ食べ始めるまでに何分かかるん?的なおかしさ。

一緒にいるから
流れるもの。
それはあちらの世界でもあるのよね。


私は
愛する人とあちらの世界で出会ったとき
その人のことが認識できるだろうか?

大好きな
白髪混じりの右側のもみあげとか
(最近ぐっと白いものが増えた)
体に似合わず(失礼!)しゅっとした手とか
耳の後ろのにおいとか。


わからなくなる。
多分、体温も。

でも
その人の暖かさはわかるんじゃないかな。

誰かと間違えるかな。


愛してるって
どういうことだろう?

また
ぐるぐる
めぐる。



人と人との間で
流れてくるもの。


私は
認識されるかしら?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/370-cab729ec

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ