ゆったりクリスマス 

今年のクリスマスは
お休みがうまく重なり
余裕があるせいか

いつもより
「クリスマス」を味わっている。



母校のメサイア。
私が行くのは2回目。

中学生の時
創立百周年でオーケストラが結成され
親友の誘いで
バイオリンで参加した。
曲目にメサイアがあったので
思い入れはある。

今年で32回目のコンサートだそうな。

みむら姉さんとちびのみぃを連れて行った。

ハレルヤ聴いたら泣くなぁ。って思ってたら
その前段階で
沸き起こる感情を抑えられず。

クリスチャンではないが

イエスが
私たちのために生まれて
十字架にかかったと言うことが
神からの贈り物である事。
私たちはその恩恵の上で生きていること。
なのに
文句言ったり
不満があったり
誰かのせいにしたり。
愛のために生きていることを忘れている。

身近な人から
愛ある行為を。

そう思った今朝

みむら姉さんと
むーみんの間に
「思春期」という溝が!
その結果
クリスマスケーキを急きょ
作ることになっちゃいました。

むーみんが
「クリスマスケーキくらいは買ったのが食べたい。」と結婚1年目に言って以来
クリスマスケーキ手作り禁止令として
16年守られていた

ことが。

ジャザサイズに行く予定を
やめて買い出し。

おまけに
むーみんが
「スポンジはおととい食べたけ、タルト系にして」などとのたまうので。
スポンジよりは得意かな。

ところが
ローストチキンを焼くのにオーブン使用時間がかぶることを忘れて
予定通り
ライアーの先生のコンサートに行ったもんだから
夕方がてんてこ舞いに!

娘の手前
夫の買いことばに抵抗するため

チキンもタルトも

私は

作る!

作った。




愛ある行為を。




夫に対して
愛ある行為かは
わからないけど

子どもたちに対しては
私の姿を表現できたと思う、愛を込めて。

ラクシーも。



今年はよく我慢した。

お食べ、クリスマスのお祝いに。



「お家でたべゆの。」




クリスマス。

イエスは
受難を受け
私たちのために十字架にかけられた。
これを
なぜか信じている私。

中高生の間
美しいことに囲まれて
過ごしていたことに感謝する。

クリスマスは
静かに
愛を感じて。

むーみんは
食べて飲んですやすや。

幸せそうな人を見ているのも
よいものです。



私の
わたしらしさが
また
拓けていけますように。
クリスマスは
私に
勇気を与えてくれる大切な行事です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/357-28a81ea4

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ