待降節 アドベント 

去年は
設置2日目にして
ラクシーに食べられてしまった
アドベントクランツ。

懲りずに作って玄関に。
日曜日に
4本目の蝋燭をつけました。



ちょっと焼きすぎてしまい
黒バラも。


冬至の時期を
人間は
いろんな工夫で過ごしてきたのだなぁ。

内へ内へと入る時期。

「魂の暦」ルドルフ シュタイナー
(訳 高橋巌)が
心に染み入ります。

冬至を迎え
やっと次へ進めそうな予感。
秋から冬の「魂の暦」は
私を励まし続けてくれていたから。


日曜日
アドベントスパイラルでの出来事から
私の傾向について考えたこと。

「八つ当たり」

怒りの感情の原因は
Aなのに最後の一滴を入れたBに
怒りの全てをぶちまける。

私の場合
Aは子どもたちで
Bが夫。

Aとの関係に怒りを含ませたくないので
大切な人なので怒りをぶつけたくない。

しかし溜まった感情を出したい。

側にいたBの
なんでもいいから
イラっとする点を見つけて
そこへめがけて
溜まったものをぶつける。

家以外でも
日常でよくやっている。
結構わかってやっている。
そして軽く落ち込むけど
仕方なかったんだもんっておもう。
私のパターン。


でも今日は
よく考えてみる。

怒りが溜まったとき
都合のよいBがいないときは?

じっとこらえていることが多い。
お皿に当たっている、かも。
割らない程度に。

じゃぁ、我慢できるんじゃない?
Bに当たらなくても?

うん、怒りの感情を抑えることは
できると思う。
なのになぜ?当たる?



わかってほしい。



「私、怒ってます!」
「平気じゃありません!」
「手伝ってよ!」

言えばいいのに…。



「出来んけぇ、やってぇ~。」が
言えない。

「これやってくれる?」と
子どもたちにお手伝いを振るのは得意。
その子がやりたそうなこと。
ちょっと難しい方がいいのか
簡単な方がいいのか
指示だけでいいのか
お手本がいるのか
お願いしたことができていなくても後を引き受けられるか
そして私から「ありがとう」が言えるか。
結構、瞬間で思いつける。

「お願いする」は同じなのに
何が違うのか?

プライド?
自己犠牲?
ええかっこしい?


なんにしても
「わかってほしい」の表現を
変えた方が良さそう。
トラブルの原因になっている。


「わかってほしい」かぁ。

思春期の子どもみたいね。


今年
出会った言葉の中で衝撃的だったもの。
「生涯、思春期」


う~ん。
確かに。

小学生の頃
悶々とうつうつと過ごしていたせいか
中学高校時代は
綺麗なものだけ見て
過ごしていたような気がする。

その分
思春期やり直し中なのかもしれない。

年をとって良かったことの1つに
図々しくなったことが挙げられる。
恥ずかしくないとか。
失敗が怖くないとか。

ごめんなさいって言うから許してちょ~的な。





しばらく
「思春期」で。

悩みも
恋愛も…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/356-fe6f5d10

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ