好きなことをする時 

料理をすることは好き。

何を作るか考えることも
材料を調達することも

材料の切り方を考えるのも
火を通す時間を見るのも

好き。

食器選びと盛り付けは苦手だけど。

「お料理好きなんですね。」って
言われると

「はい、好きです。得意かどうかは別ですけど。」

何回もこの会話をしてきた。

昨日の
「神智学クラブ」でも
新しく来られた方とそのやり取りを。

今朝
「私は料理することの何が好きなんだろう?」が湧いてきた。

やり直しがきくから?

人が喜んでくれるから?
美味しいって言ってもらえるから?

食べたいものを作っているから?
料理ではしたいようにしても文句はあまり言われないから?

目立つため?
自己顕示のため?
自分を印象付けるため?


美味しくお酒を飲むため?

愛してるを伝えたいから?

誰かのためというより
自分のためにしていることみたい。

自分のため…。
私の欲求の解消に
「私が作った、ほんとは口に合わないかもしれないもの」を食べてくれる人たちがいる。ありがたいなぁ。

私が1番すっきりする場面
作った料理のお皿が空になること。
は事実です。

でも結果を求めて
やっていること…。だけでもない気がする。
いや、自己満足だ。
ってことは
その欲求を満たしてくれる人たちに感謝すべき。

「私はありがとうが言えない。」から
料理しているのかもしれない。
スポンサーサイト

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ