乱読の秋す 

今ハマっているのが

「村上海賊の娘」

歴史物を読むのは久しぶりなので
最初少し戸惑ったけど
面白くて次々購入。
一週間で3巻に突入。
漫画のように映画のように
するする。

今日、3巻を、買いに
いつもは行かない本屋さんに行って
目にとまったもの。
「村上春樹」

文庫本の「女のいない男たち」

村上さんの前書きって読んだことあったかなぁ。
口調が妙に懐かしいというかしっくりするというか、思考に響くというか。
春樹ワールドのデビューが遅くて
20歳前だったから
いろいろあった時期に呼応しているからなのか
私は「春樹ワールドの住人」とシンパシーが強い。

本来のわたしは
自分の事が嫌いって言いつつも大好きな私を捨てることないわたしのバランスを保つのが大変なのでなんかやらかしちゃう的な。私は自分の、わたしが帰るべき多血質をここで出せるのだ。



にしても
付き合ってるみたいな2人。

かわいいねぇ。


そんなすなふきんは
明日の準備に余念がない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/322-c6b91725

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ