巡っていくこと 

前髪を
酔った勢いで切り過ぎてしまい
相当落ち込んでいるMyyです。

すなふきんは
14歳にして肩こり。

やれやれ。



「すなふきん、どうした?」



「ありゃァ、気持ちいいねぇ」



「そこも~~」




岡山市の大人のシュタイナークラスに
参加してきました。



「No one 」
Alicia Keysを聞きながら160㎞。


「I just want you close 
Where you can stay forever
You can be sure
That it will only get better.
No one can get in the way of what I'm feeling.」

 誰にも止められない
わたしの気持ち、
わたしが行きたいところに
好きな人のところに
行かせてもらいたい。



森省吾先生のクラスです。


「いかにして高次の世界を認識するか」
ルドルフ シュタイナー著
を読み進んでいます。


今日は
最終章。



チャクラを開き
瞑想し修行を重ねていく

けど

日常生活を
社会性を
協働を

行いながら歩んでいくのが

シュタイナーの真骨頂だと
私は思っています。


地に足がつき、
宇宙とつながる。


あちらとこちらを
私の魂が奏でる。



相当
かなり
強い意志で


修行を積んだ上で言えること。


自己の灯火を輝きさせつつ
獲得した新たな力を
他者への奉仕へ動く。



「探求者の使命は、初めてから、献身的に協力しようとする意志を持って超感覚界に足を踏み入れる。」



ホントにできるまで
遠ざけるのも守護者の役割である。

のだぁ。



程遠いことではありますが

来世で輝くわたしの為にも
きっと来世でも関わる事になる
大切な人の為にも

今世で
わたしらしくできること。


シュタイナーは教えてくれます、
まだよくわからないけど。


帰りに
尾道のお寺めぐりの続きを
しようと思っていたのですが、


雨がひどくて歩くの断念。



でも
尾道のインターチェンジで
おりちゃったから


御調の
こちらへ。


園鍔勝三彫刻美術館




NHKのニュースでも
中国新聞でも載ってたので。


御調は
Jazzerciseで毎週通ってて
看板見つつの素通りだったらから。





すごい。

受付のおじちゃんが



くれた、魔法のお箸。


かなり楽しいので
お時間があって
他のお客さんがいないときに是非!



「月の光」

という作品は

私と私の未来に居る人との
情景のようで。

片方は裸足。
もう一方は不思議なかぶりもの。


並んで経典を読み語らう。

三日月の元。

まだ明るいんだね。

信頼と相互の心のやりとりの様子。

いつか
かの人と。

肩よせて語らえたら。



なので
帰り道は
「星と風とメビウスの輪」
Mr. Children 

私の意識のために
書き起こそ。

「抱かれて 磨かれて
輝くことでまた 抱かれて
君と僕が
そんなメビウスの輪の上を笑いながら
寄り添って歩けたら。
人の弱さ  心の脆さ
かばい合うよに また一歩ずつ
暗闇に迷うなら
心に光ってる星を頼りに進もうか…
愛されて優しくなれて
その優しさ故に愛されて…」

今日、読んだ章。

修行を、積んだ上で

「自分ひとりの幸福をエゴイスティックに追い求めたいという誘惑を退けるくらい私たちが純化されていなくてはならない。私たちの仲間である人びとに対する愛なのである。」


私の先生は
そういう人だと確信する、
そのために?ではないけど

だから

他の先生のクラスで
学ぶことができる。


私は先生のために
何かできるだろうか?



愛を
愛で
メビウスの輪のように
くるくる回って
届かなくても
くるくるできるといいなぁ。



私の大切な人へ。

届かなくても
できること。

岡山ドライブ。

私の時間。

そして
今の繋がりにおいて
変化を感じつつも知りつつも
この時間をくれる
私の家族に
ありがとう。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/311-dde61941

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ