星は見えなくなったけど 

今週は
私の祝日モードでした。

水曜日に午後だけ
仕事行ったのみ。



「神智学」読み読み
「ベーシックシュタイナー」読み読み
ノート書き書き。

ライアーは調子が合わないけど
弾き弾き。


「私は何がしたいのか?否
どこへ行くのか?否
わたしはどんなんやったけっけね?」


「君の名は。」風にいうと
「大切な人の名前が思い出せない!」
みたいな感じ。


過去に
「あ~この雰囲気がよかったんよね」って
あって
もう戻れない。


中高時代
広島の自宅で
あんだけ星見て
星団とか
上手くすると星雲とか見られて
上手くするとふたご座流星群くらいは
見られて。

そんな風に街が明るくなかった
時代。

には戻れない。



悲しい……くらいに星は見えない。


あの静寂も…。



明け方
宇品線の電車の音。で
わぁ、徹夜した。って
思う感じも。

ない。

今日の
「神智学クラブ」の後の
「感情持ち寄り会」は

先生の話を受け

みなさん
動かされる自分の内側。

親子関係がテーマになったかな?

それぞれの環境。
年代。
その親。
子どもである自分。
親である自分。


「私たち、ここに集う」


運命というのか?
不思議な空間が
うちで?

なんと奇跡的なことでしょう。

ひとって面白い。


私はわたしでここに居ても良いのだと
少しだけ思える。

そんな時間。

ありがとう…N

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/310-2185d1ee

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ