今年の秋分 

今日は秋分。

お彼岸。

すなふきんが
生まれたのも
秋分の日。

今年は日にちが違う。

地球の公転のずれが
毎年1、2日のずれを生む。

2000年前
牡羊座にあった春分点が
今は魚座にずれているのは有名な話。

私、ホントは魚座かなぁ?




植え替えをしてみたり

あっ、この子も。



生姜



以前作ったラクシーを設置。



「はい、あたし?」




季節の変わり目がしんどいのは
私の自我が育ってないから。



昨日のお仕事。
一緒にお仕事してくださる方は
明るくて
50代でもきゃはきゃは
お年寄りと笑える
素敵な方。
そこが大きく
いつも
助けていただいてます。
毎度実感してる。

けど昨日は

もう

うっとうしくて。

私のパンツが縞々なの
透けて見えるのを指摘されたからかな?

ちょっとエッチなご老人もおいでなので
気にしてくださったのですけどね。

「もう、別に、いいのに。
それで患者さんが嬉しかったら
それでもいいのに、言わんでよ。」


が私の本音。



「あらら、この白衣、透けないって書いてあったのにね~。」が精一杯。


「そんな事よりガチャガチャ音させず
ものも落とさず落ち着いて
仕事してほしい。」

そう思っても言わない卑怯な私。




私も調子良くしゃべる人だと思う。



何を言ったら
私のことを信じてくれるかなぁとか

何を言ったら
気持ちよくなってくれるかなぁとか

どういったら
丸くおさまるかなぁとか。

たいがい
私の都合で、私は
感じよくしゃべる。


その事を知っている。


楽しい間に早く会話を終わらせよっ。

コレリックだなぁ。






うっとうしい人、第2弾の今日。

うどん屋さんにて。

To goのお店なので外で注文。
私はパッキングを待ってた。ところに
車がごーん。

駐車枠じゃないとこに。

うちの車は頑張れば出せるけど
後の2台は確実に出ないところ。



いらした60代のご婦人。


お上品そうな方。

おはぎ10個をお箱に入れて、との注文。

「あっ、きなこも」

店員さんの

「どちらにしますか、
あんこ入りとあんなし?」

がわからないらしく

「え~っと、おはぎ」


はあっ?ってイラっとした私。



おいおい良く見ろや、
おはぎ3種類あるじゃろうがぁ。
よう見て頼めや!


わぁ、本来の私は
こんなんです。

このお客さんは
どう見ても母世代だし

何かと難しくなるのは

わかってるのに


多分
車の停め方で
プッッチィィン。


私が車を出すときに

この方は

何やら私に窓越しで
おっしゃってたのですが


「無視❗️」


嫌だ、この人❗️



こんなことを
些細なことを
許せなくなってる時

私の本性というか
本当の私が現れる。


「お調子こくな。適当にするなや。

周りを良く見ろ。

いらん事言うな。

偉そうにするな。

お金持ちぶるな。

上品ぶるな。」


いつも
自分に言ってることだぁ。


特に「~ぶるな。」

は言ってる。


私がえらそうに
見える
してる
事で


不快な気持ちになった人がいるのです、

身近に。



それをよく指摘されるから。



私はそんなつもりないのに……。


「素」って何にも考えずに
やってしまう事。

それは
本来の私なのでしょう。

それをごまかしたり
とり繕ったりしながら
今世を生きていくのです。

それになんの罪がある?

とも、考えてしまいがち。


そこは
学ぶところ。


もう嫌だなぁ。



でもシュタイナーも
きっと自分の嫌なとこが
たくさんあったに違いない。

でなければ…?

遠くて意外と近いルドルフ。


としたら
修行。

踏みとどまる?


そうかぁ、
わたしは
自然の中に在るのですもの。


私は季節の変化に
右往左往する事以外に
楽しむこともできるはず。



そう
わたしは自然の一部だから。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/308-445bcd00

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ