石は蹴られたがっているのかも  

今日は
「中秋」

この日の定義は

「秋分の日以前の
新月の日を1日とした
15日目」

今日の月齢は13.7。

なぜずれるのか?

新月と新月の中間は14.7だから。
太陽と月が真反対くる時が
満月なので
1~2日ずれるのは当然。

なのだそうです。

わかるようなわからないような?


中秋については
思い出がある。

私が4歳のお月見の日。

38°C台の熱を出し
掃き出し窓の居間で寝ていた。

ちょうど
おとなりの屋根とうちのひさしの間から
満月が見えた。

父が帰ってきて
(多分9時くらい)

私のおでこに手を当てて

「最後の月見かもしれん…。」

父が手を当ててくれた事が
ちょっと嬉しかった。

朝から熱を出してたのを
心配してくれてたんだ。

小さかった私でも
不器用な父の言葉には敏感で

「死ぬかも?」って思いつつも
嬉しかった記憶。

「最期かな?」って思いながら
食べたお月見団子。


わたしはここから
お月さまに
執着しているのかもしれない。


なぜか毎年
このお月見の日に
わが子のうちの誰がが体調を崩す。


今年は
ちびのみぃ。


月に作用を受けるのは
たまたま?


熱の子にママの思い出話。



明日は
世羅の子ども英語教室「三日月クラブ」

お月さまがtheme
午前中に内容の確認作業。


午後は仕事。


往診先の病院から

「うばの方が新患です。」
と連絡があったそうな。

スタッフさんたちは

「うば⁇」

齲歯
うし
むしば。


事務の方からの連絡なので…。




だから
虫歯って書くのは
やめてほしいなぁ。


帰宅後

みむらねえさんに
お弁当を届けてる時に


ふと…?


「石は蹴られたいねぇ」

が浮かんできた。



石は自ら動くことは難しい。

水の力

火山とか
他の石、土砂によって
動く事ができる。


石の様に動けなくなった場合。
他力が必要なのだ。
特に水の力はすごい。
動かす事ができなくも
穴を開けたり
伸ばしたりできる。


子どもの「行きたくない!」に
直面した時
水になろう。

わたしの「動けない」に直面したら?

私が水の動きになればいいのかぁ。



大きな石のお月さまも

飛び出す力と引っ張る力のバランスで

その姿を見せてくれる。


意外とその石は
何もしてない…ようす。



今晩は曇り。



今のところ
お姿見えず。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/302-b2f80911

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ