8年ぶりの  

広島市、湯の山温泉にいきました。
バイク乗りだった頃からのお気に入りの温泉。
単純弱放射能冷鉱泉。
fc2blog_20160207142709125.jpg
2007年末に行って以来8年ぶりです。
結婚してからほぼ毎年年末は家族でここに来るのが恒例になっていました。
あの年も一年の汚れを落として
家でおせち料理の準備して早めに布団に入って眠っていたら
母から涙声でのでんわ、父が亡くなったと。
あれから何となくこちらへは足が向かなくなっていました。
ラボ・テューターとしての最後の仕事を終えたこともあって
一区切りついた様な気がして、
むーみんと二人でやってきたのです。
fc2blog_201602071428305ae.jpg
あの頃は子ども3人を入れるので時間だけが過ぎていき
自分がお湯を楽しむ余裕はなかったなあ。
8年の間にこんなのができていたり
fc2blog_20160207142731b02.jpg
ドクターフィッシュ。
fc2blog_20160207142719528.jpg
砂谷の低温殺菌牛乳
fc2blog_2016020811085995f.jpg
あの日は牛乳飲んでたら、どんどん雪が降り出して、くねくね山道を帰れるかなって言いながらも、
子どもたちと雪を追いかけてはしゃいでんだよね。。
って思っていたら
ひらひら雪が降り始めた。
シュタイナーのクラスの先生から毎年、「お水取り」の話を聞かされるもんで
正式ではないかもしれないけど時間も気にしながら汲んでみました。
fc2blog_20160208110846229.jpg
帰り道にも良さそうな湧き水発見。
fc2blog_20160207142551e24.jpg
鍋石明神社。

近くの川石に
穴が空いていてなにやらいわれがあるらしい。
父のことでは
突然だった上に
そのあとの仕事の引き継ぎやらなにやら、
慌ただしく夫のアメリカ留学について行ったりで、
流してしまったことが多かったのでしょう。
思い返しても苦しい年月でした。
なにかに
けりをつけるとき、時間が必要なこともあります。
そこに意識を持って私らしさを込めて決めること。
私がシュタイナーのクラスで学んで、すこしだけ、変われたことだと思います。
早速、汲んできたお水ででむーみんがコーヒーを淹れてくれました。
ほんとは9日間にわけて飲むらしいのですが、「お水取り」は雰囲気で。
鍋石明神の方はすっきりとした味わいの
湯の山温泉神社の方はきりっとした感じのコーヒーになりました。
なんとなく気分が晴れて
帰ることができました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/tb.php/219-cfe5b234

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ