FC2ブログ

コマンドが 

帰宅が遅くて
(月末は書く書類が多くて想定内で)
7時半からの晩ごはん準備。

お米を
ちびのみぃが炊いてくれてる、助かる。
すなふきんは期末テスト中。
災害で伸びてしまった分。
おっかけ、みむら姉さん帰宅。普通に休み明けていつもの部活モード。

今晩は
こんぶのきんぴら、サラダ、豚肉ソテー、穴子照り焼き、茹でとうもろこし、じゃがいもアオサ

ラクシーの好物が含まれております。

穴子の頭。

こちらは食べた子が
コマンドと遊びとの後で
ラクシーにやります。
写真なしだわ


第2好物、とうもろこしの芯!



待てます



待ちます



待てる。
かしこい。

読める。
かしこい。

「OK, you can eat it!」

食べる姿が早すぎで、これまた写真なしですが



家族だけど
犬なので…。
犬だけど
家族なので(私にそっくりですわ.)


子どもを
犬の上位に置くことは
小さな頃から気をつけていることです。
ラクシーがうちに舞い降りたときは
ちびのみぃはまだ2歳。
なのでこの数年で力関係を変更しなくては、と意識して。

引っ張る力は
絶対的にラクシーが強い、私だって持っていかれる。



子どもとワイマラナー。


私の支配したい気持ちが
強いからなのかもしれない。
わたしの先生によく言われること。
「支配したい欲求」。
ほんとは少し違うのだよね、と思いつつ。
他者から見える私は
それもわたしなのですよね。

だから
犬派のわたし。
猫は一緒に暮らしたことないから
わからないのですけどね。


うちの犬は
我慢強い。
スポンサーサイト

梅雨の満月 

蒸し暑くて寝苦しくなった。

寝入りばなに
ラクシーがクレートで
「フンフン」
トイレなのかと思い、促したけど
用は出さずに
部屋中を駆け回る。

なぜ?
暑いから?
いや、暑かったら走らんじゃろ?

よくわからないまま
クレートへ。


それから
今朝、4時前に
強い風で目が覚めた。

ラクシーも
「キューキュー」

怖かったのね。


空は


満月だから
雲の速い流れがよく見える。

5時30分
定時に起床。
意外とスッキリ目覚めた。


眠い

眠い

眠たいのはいつもだった。


6月も終わり。
そろそろ
エアコン入れて
ラクシーと寝ようかな。

梅雨の時期は
好きだ。

PTA のおかげさまで 

今年は
ちびのみぃのとこで
クラス活動委員になり
副委員長になり

PTA の、理事会に出席する役を仰せつかり。

仕事。休んだ。

正直なところ
アルバイトなので
休むと収入は無くなるのだけど
火曜の仕事に行きたくない気持ちが
ややあるので。
口実として
休むためにはちょうどいい。

もともと
午後からの仕事なのですけど
普段は
仕事に備えて体力温存、段取り。

仕事無いとなれば

犬を洗おう!


まだ交換期なので
乾かした後も
どんどん抜ける。


本犬も
すっきり表情。


しかし!
爪切りは
毎度おおごとである。


ビビりまくりは
実は私の方。


ナイスアシストのちびのみぃ。

いつもありがと。

−−−−−−−−−−−−−−−、

晩ご飯。


新生姜を
なんとかしようかと

とりあえず薄切りにした。



さくさく
切る感触が
新鮮。
楽しい。軽い。

美味しくしたくなる。


娘っ子たちの晩ご飯に
スズキの切り身を買っていた、
普通にムニエルにしようと。

バター無しでフライパンで焼いたものに
新生姜ソースにしたみた。

酢とバルサミコ酢と白ワイン、きび砂糖、醤油、菜種油。



スズキはうちでは食べない、お父さんが好きじゃなかったので。

でも
それぞれの良さが出せたかな。


ラクシーの鼻も
かわいらしい。

HBD Laxie  

今日
お誕生日。

8歳のLaxie 。




私の8年間には
いろいろあった。

Laxie はいつも変わらず
そばに居て
私を暖めてくれた。


感謝すべき存在のひとり(一個?)である。



ふむ。




ちびのみぃからのプレゼント。
こそこそ作ってました。


元気でいてほしいな…。


知り合いのわんこがおうちで
不慮の事故で亡くなった最近。
わんこにも認知症があるって知り、
老いは確実にやってくるのだと。
人間より深刻である。


食べたい食べたい



待てます、待ってます



がつがつ


よい1年になりますように。
できるだけ
一緒にいられますように。

安らぐとき 



離れてみると






みむら姉さんには
このくっつき具合が
安らぎのfみたい。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ