重陽 

明日が
おばあちゃんの誕生日だ
という事を思い出したので

お祝い持って行った


ついでに
びんご百笑の会の田んぼへ
稗取りに。





術前



2時間の作業で
半分くらい。


たぶん

「素人がしても
ええがいにはならんけぇ
やめときんさい。」

けど

私が田んぼで思うのは

「ええがいにならんのを
てごうして
ええかげんで
ええ塩梅になるのが
うちらの田んぼじゃぁないん。」



「毎年1年生なんよ~。」って

おっしゃるのは
お世話さんのご家族さん。



そんな謙虚な気持ちになれるのは


地球の奇跡的存在あってのこと。




とても気持ちのよい風がふいていて
もっとしていたかったのですが。





世羅子ども英語教室
「三日月クラブ」

小学校の都合で1時間早く
開けました。



Two little ducky birds
のNursery rhyme
羊毛ちくちく
鳩作り。




完成品の写真を撮り逃した。

不思議と時間内に仕上げてくれました。


私にせかした雰囲気があったの?だから
彼女が間に合わせたのか?

私の「おうちで続きができるねぇ」が
彼女を急がせたのか?


考える余地ありです。




で年長さんがやってきたので
パンプキンプディング作り。

これも過程は写真は撮り忘れ

覚書
かぼちゃ150g(皮なし)
砂糖30g
牛乳250cc
ゼラチンシート5枚



機械を使うのはわくわくするので

みんな

「やりた~い。」



ここで小5女の子と
特別枠大学1年生女子合流!


完成品は





3時間の長い時間
私に
楽しい時間を作ってくれた皆さんに
ありがとう…。
スポンサーサイト

Summer school 5th day=Camp at Kounu  





6時起床の後

お散歩。


朝陽のきらきらに
気づいたいーちゃん。


彼女は

あちこちにアンテナを張り

楽しい事を見つけるのが得意。



そして「たくさん」が好き。
たくさんお手伝いして
たくさん食べて
たくさん観察して。

気持ちがよい。




幼なじみ2人は

小声で話しつつ。

小6女子。

今の環境は

違うのだけど



12歳ながらの懐かしさと

穏やかさ。

今の気だるさ。

混ぜて明日に歩んで欲しい。







朝食も

お釜で炊いたご飯
いりこだしの味噌汁
ししとうのきんぴら
卵料理はそれぞれの好きな方法で調理し。



小さくても集団行動なので

みんなそろって


「いただきます」


をします。



ちっちゃな子もいるので、

待ちます、仕上がり。


納得いくように。



うちのクラブの子どもたちが

すごいのは

待てるということ。



午前のワークして


お昼ごはんの準備。



また作ります。



ピタパンを焼きます。


発酵。

その間

照り焼きチキン作り

生のとうもろこしからの
コーンポタージュスープ。





ピタパン焼くのが待てずに

「ご飯食べるか、
散歩に行くかしかできない!」


の年長さん。



パンはできてないし
(照り焼きチキンだけできていたのだ…。)


散歩に行くには
かなり日差しがきつい!



みんなにお願いしよ。

「散歩に行きたいので
お昼ごはん30分待ってください。」



もちろん

みんな


「いいよ」
あっさり言う。



実は

お腹空いてて

早く焼こうって

言っていた子もいたのです…。




自分より小さな子の

お願いは聞こう!

その気持ちが嬉しくて。



私も

30分

山登り。して



昼食は


ピタパンサンド、
照り焼きチキン
コーンポタージュスープ









お掃除テキパキ

「次は何しようか?」

私の指示を聞いてくれて

きちんと仕事をなしてくれる

子どもたちの姿は美しくて。



みんな

何かしたい、

お手伝いしたい。

やりたい。

そう言ってくれるのです。



それは

わたしの

「また、やろう。」

のエネルギーになるのです。




わたしは子どもたちとの

やりとりで

お互いの

「やりたい、自ら」を

育んでいけることが幸せです。








世羅に帰ってからもさらに走る!




この子たちの20年後に思いをはせると

何かわたしができることが

あれば嬉しいなと

願うばかりなのです。




そして

2日間ご一緒くださった

2歳さん5歳さんのお母さま。

大きなお気持ちに

甘えさせて

いただきました。


クラブのこどもたちにとって

今回の一番の学びは

「愛おしいと想う気持ち」



テレビよりゲームよりも何より

かわいい人がいる事を感じる時間。

人の本能なのかもしれません。

その環境は

お母さまが二人

連れてきてくれたからの事。




ありがとうございました。



Summer school 4th day= Camp in Kounu  

Labo party時代から

夏の合宿は


「火を扱えるのは人間のキホン」の

理念で


場所は変われど

火起こしをしてきました。



今年、初めて火は使わない。
「あ~歳とったなぁ。」


合宿中のワークの準備と
仕事と
食事の準備が噛み合いませんでした。



とはいえ

子どもたちと過ごす時間。

預けてくださる親御さんの

気持ちに沿えるように。


今年のSammer schoolのテーマ

「根っこ」総仕上げ。



なのに

缶詰開けからスタート。




アメリカでは缶切りの形が違うから

これが出来るからどうか?
とは思いますが
日本キホンで。





の白玉団子


何する?








スイカの水平断が見たくて。



3週間前の

クラスを意識しつつ。

スケッチしつつ。







フルーツポンチ。

学びと生活は
近い方がよいかな?






先週
種まきした

ラディッシュの観察は



「種」はつちと水とでどうなるか!



一週間で。
3日後で。

どうなる?




予想と実際。



「植物にできて人間にはできないこと」

サマースクール第1日の先生に

投げかけてもらったもの。

そして「人間と植物が似ているところ」



お話交えつつ。







幼なじみは語り。




夕方のお散歩







上弦の月を眺めつつ







高いとこまで
登ってきた。






ご飯はお釜で炊き




カレーライス
にんじんドレッシングと
豆乳マヨネーズのサラダ。




作ってばかり。






花火は



火の学びへの一歩。




ナーサリーライムとも親しみつつ

オヤスミナサイ。







Summer school 3rd day 

先週

卓球広島県代表で

試合のため神戸に行ってた

小2女の子を迎え

朝からお弁当作り。






今日の献立は

とうもろこしご飯
ポテトサラダ
大根と大葉の酢の物
豚肉の生姜焼き








世羅にて昼食の後


「根っこ」



今年のSummer schoolのテーマは


イースターイベントに参加された
お子さんの

「根っこ、知りたい」

から。




根っこ三昧の本日です。



にんにくの根っこ
根っこはどこからのびるの?
大根とごぼうと人参の観察。
根っこはどこで太くなる?
切ったにんじんから出る葉っぱ、
どこから出てる?








などなど。




今日は人参のケーキ。





おやつ作りの時間だけは

全て英語で説明。




助け合いつつ。






私がこのクラブで
子どもたちに伝えたいのは



「英語は話すもの、日常で使うもの、点数じゃない。」




「学校」(もしかしたら幼稚園も)では

絵も音楽も料理や工作も

点数だったり

評価の対象になってしまう。



でもね、
「わかりたい」ってなった時
英語は便利!



違いからわかることも
たくさんあると思っています。




私は母として
甘いけどかなりスパルタ。

選抜された
「ならぬものはならないのです。」



もちろん私の物差しであるので

これが正しいとは思わないのですが…。





子どもたちは

「わたし」を感じてくれる。




送り出してくださる親御さんに
感謝しつつ。




おいしいにんじんケーキに
なりました。



みんな

「やりたい気持ち」
がたくさんあって



とても嬉しい時間でした。



の後は

鎖編み…。

かぎ針をつかって。







「できん!」って諦めるかと思いきや

こつこつ

編み編み。



続きは来週の合宿で。






この先へ、  

今日のランチは

世羅の石窯ピザ屋仲田屋さん。


三原でラボ・テューターをされてる方と。




素敵な前菜。





野菜のピザ


生地も美味しいし

トッピングのバランスが絶妙!



週末はものすごく待つので

平日オススメです。



と言っても短気さんには⁇




私たちにとっては

お話することが多すぎて 

短すぎる時間でしたけど。





西大田四季園でお買い物。


定番の

ふみたまと

季節の野菜が目当てだったのです。




お世話になった

懐かしい方のじゃがいもに遭遇。




そしてミヤマクワガタ!ペア!



お店の方は

「ここ2年は

飛んでこなかったクワガタが

今年はいい大きさで

飛んできましたよ」

って。




ご機嫌で



バイオダイナミックの白ワインを

飲みながらの鑑賞会。





ペアで購入しました。


ミヤマは繁殖が難しいので

お姿堪能したら

世羅に返そうかな?



ラボ・テューターは辞めてしまったけど
(辞めさせられたけど)

子どもたちとも関わりは

ラボじゃない形で継続中。




このまま続くっては

思ってない。



でも

ここが大地になるような

今が

耕し時

の予感がした1日でした。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ