FC2ブログ

愛着 

ラクシーの
私へのstork がつおい。


気づけば後ろにいる。




私がいないベッドに上がっていたり
私の瞑想用のクッションに勝手に座ってたり
私の服をどこからか持ってきてその上で寝ていたり。

ラクシーだから
そのべったり感は許せる、というか愛おしくもなる。

もし
ラクシーじゃない何者かが
そんなことしていたら?

うっとうしいかなぁ?
でも結構嬉しいかも?
想う存在からなら、か。

でも、どこから誰から?
わからない、はっきりしない。


同情は愛着にはなりうる。
けど
愛にはならないのか?
そもそも愛とは?
愛着の「着」を放せば愛になる、のか?


「私以外は私ではない。」
だから寂しくもあり
私ではない存在が愛おしくもなる。

愛のヒントは
ラクシーにもある。
そこここにもある。
スポンサーサイト

秋だ 

秋は好きな季節だ。

稲刈り
栗仕事
マツタケ
土を整える

その反面。
秋は
耳がつまる、めまいがする。
胃腸が痛くて
ウンチが黒くなる。

今年はその上に
「見えにくい」がやってきた。

経過観察中だった
緑内障が悪化。
検診で
左目の視野が狭くなっていた。
網膜も薄くなって所見が一致。
治療に入る。
といっても点眼だけなのだけど
副作用が
「目の周りの毛が濃くなります。
皮膚が黒ずみます。」とな。
まつげが長くなるだけなら良いのだけどね。目の下は気になる。やれやれ。

胃が痛いのは
我慢できるけど
胃が溶けちゃうのは時間の問題だし。
早めに修復しないとね。
内科にも行かなくちゃ。

耳の詰まりについては
諦めてる。
右耳だけだし。
左耳の耳鳴りは小さいし。


ーーーーーーーーーーーー

「同情は愛情にはならないんだよ。」

そう告げられて終わった
私の恋愛。
26年前のクリスマス。

涙ながらに語った彼に
本気だと思い、何も言い返せなかった。


今、歳をとって思う。
同情は愛とは違うけど…。

愛着にはなるし
「ありがとう」として返っていく、と。

夫婦って
家族って
そういう形にもなりうる。

何かをする事だけが
愛の表現ではない。
まして、自分のしたい事を「してあげる」のは愛とは遠い事のように思う。

したい事があるのだけど
あえて何もしない事や
あえてただ見ておく事は
深い愛なのかな?と。
そして
その結果を受け止められる事が
愛なのかな?と。


私にはできているだろうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーー



私は歳をとった。
身体は歳をとっているという事。
私の身体だから。付き合うよ。
そして
わたしとして成長していきたいとも思う。

もやもや 



なんだかもやもやなので
すっきりしていようと心がける。


火星のせいかも。


お盆休みのお土産で頂いた

しおりは早速
星読みの本に挟む。

気遣って下さる人たちがいて。
ありがとうございます。


ほかにもたくさんの愛をもらってるのに…
なのに何故私は
こんなに哀しいのか?
もやもや。と
すっきりを
行ったり来たり。


もやもやに
埋もれている方がよいのかな。
もやもやの根源は知ってるけど、
わかりたくないのか、
私がおバカさんで本気でわからないのか?

夏は終わる。
終わるのが苦手で
変化も苦手で
右往左往。なだけかも。

お盆休みがおわり 


夫むーみんには
申し訳なく思ったのだが

がっつりアルバイトを丸1週間
お休みすることにした。

お墓参り



からスタート。

坂町での砂かき、サンスターホール。



みむらねえさんの宿題兼ねて

美しきホワイトライオン。

ラクシーを
洗い。



本棚の整理。




また
坂町へ砂かき。

いつか
いつか
戻れる平静。に。
ひとかき。ひとかき。
進んでるようで進んでなくて。
でも季節は変わり、忘れられる現状。

まだまだ
しないといけない事がある。
のんびり待てないのは、私の事?
社会のこと?否。

現実地上生活、だから。

ペットボトルがない時代
どうやって炎天下の労働をなさっていたのか?
建物疎開やら何やら?
この夏の困難に想いを重ねる。



毎日を
紡ぐように。
とても大切。

毎日を
変わらず。
とても大切。

それができることに
感謝して。

自分の努力は必要だけど
それ以上に
足をつけられる地面がある事に感謝して。


ある事の当たり前。


そんなことを
あなたと出会えたことを
奇跡として。

一緒にいられる地上的な時の中で
今日は逢えなくても
イツデモドコデモマタアエル。
ワタシトアナタノカカワリトシテマタアエルキセキトシテ。


日常に戻った今日の日
寂しくもあり
また頑張らないと…と思う今



お月さまが
気づかせてくれました。

大人の利害関係って? 



世羅で
むーみんが拾ってくれたコクワ♂

スタイルが美しいので
お酒のお供にぴったりです。
飼い方が甘いのでちょくちょく脱走なさり
朝、リビングで発見されるくらい元気な♂です。

そこへ
あらたにむーみんが
見つけた♀コクワ。
缶ビールにダイビング。

でます?


出ました?

この後
コクワが浸かったビールをいただきます。


−−−−−−−−−−−−−−−、


家族ってなんだろ?

今日、すなふきんの三者面談。
話すタイミングやきっかけが難しい、思春期。
喜ばしいことに、残念なことに。
すなふきんの成長を
いわゆる偏差値教育に置きたくない
気持ちがある私と、
やはり生活に困らない保険をかけたい
気持ちがある私。


私が揺れ動くから
息子は揺れ動く。
その中に
すなふきんの
私への思いやりというか
優しさというか。
顔色を、伺っているとももちろん言える。

その揺らぎは、息子が実感したら良いと思う。青春とはそういう事だ。



なんだかね
若者に生きづらい世の中を、作ったのは
団塊世代Jr.なのかしらね。

意志への鉄格子を
無意識に作ったのはわたし。


−−−−−−−−−−、


そんな中でも


やはり


わたしにとっての
大切な人は
いかにツッコミどころがあろうが、

やはり愛おしいのだ。

逢えなくても
関係性に距離があっても。


それを
お相手が同じように
想ってくれているかは別問題なので。
利害関係が
生まれないとうまく回らないこともあったり。
利害関係が
あるからうまくいかなかったり。


ほんとは
利害関係っていらないのに。
それを唱えないのなら。お互いに素直になれたらのに。
なかなかなれないので
不自由な物質肉体。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ