映している写している 

お隣の方が
「おたくのゲートに車ぶつけてしまいました。」と連絡してくださり。
でも直接お話しできず日をまたぎの今朝。

もともと前の家からのゲートなので
20年くらい前のもの。
確かに支柱が歪んでお隣に寄りかかっているので、我が家の方が敷地妨害かも。
保険会社にも連絡してるからっておっしゃってくださったのですが。
きっといつもご迷惑おかけしているのはこちらの方で。そして十分普段からお気づかいいただいてるので。美味しい海苔も食べられているわけで。
そんなこんなの「おたがいさま」って言っていいのかなぁ?
やっぱりこちらがお世話になってます、かな!
保険使うのはもったいない。


パーシバァル。

シュタイナークラスの先生に勧められた
直後の
FBでのみ繋がっている先生からの投稿で
頼んじゃった、アマゾンに。



五世紀頃からのお話。
雰囲気としては
日本の源平合戦、鎌倉時代なのかな?500年くるい隔たりはあるけど。




Gray goat のLaxie 。

たいがい
つかず離れず私を見ている。

私もそうだ。
時々くっつきたくなって隙を狙う。
じぃっとみてる。
そんな私には詳しいので気をつけているのだけど…。

ついね。
ぺっとりしてしまいたくなるわけで。

Laxie はMyy の鏡写し。
子どもたちは
まさに!
ひとつひとつの動きが私を映している。

パーシバァルは一寸法師。
その子の力。
持っているものを迷いなく信じている。





今のわたしは…。

散歩中だと思えば
来世へのお土産探し、ぷらぷらり。








スポンサーサイト

応援してくれる人 

今月は岡山の
シュタイナークラスを
お休みした。

すると
先生からのメッセージ。

「休んだ人は図解だけでも写してください。」

データで送ってくださった。



シュタイナーは
ITをこのように使うことを
否定するだろうか?




描き描き。
読み読み。

していると


なんだか
「シュタイナーを学ぶ」という事を
応援されているような気持ちになった。


一見
意味のない事をしている。

「月紀ってなによ…。」


でも
シュタイナーが遺してくれた
想いというのは
人間が人間としてやっていくための
応援歌というか
希望というか。

「神智学(高橋巌訳)」の序論に
「自分自身で霊的な探求ができるようになる瞬間にはまだほど遠い人たちでも、彼に理解を示すことができる、ということを彼は知っている。なぜならどんな人の中にも、真理に対する感情と理解力とが存在しているからである。」
とある。

私の中にも
種も光もあるのだと。


私の
シュタイナーの先生たちは
いろんなやり方で
そのシュタイナーの熱を伝える
伝道師であると思う。


「大丈夫、
あなた、できるから…。」


私の愛する人の口癖。
口癖というより心の中での応援。


そうね。
私にもできる。




「ねえ、できてないんですけど。」




すみませぬ。
足も、もしゃもしゃ。
爪も伸び伸び。
せんといけんこと
たくさんあるね。



がんばろ。


冬の行事スパイラル 

冬至に向かう時

地球の魂はすべて
地球の中に入っていくのだそうです。
(魂の暦 高橋巌訳 より)

人間も自分の内へ内へと入っていき

今度は夏へ向かって
魂を吐き出す動きへと変わっていく


その様子を

渦巻くように
暗闇の中
蝋燭の灯りをたよりに
中心へ
そして
外方へ歩いていく。

そんな行事を通して
魂の動きを体験するのが

アドベントスパイラル。
(という解釈であってるかな?)


今日は蜜蝋燭作りをしてきました。

子どもたちは
明日
りんごに立てて
くるくる歩きます。



お土産のクッキー作り。
2日前から
じわりじわり。



今年はステンドグラスクッキー。

こちらは
珍しくバターとたまご入り。
藤野真紀子さんのレシピ。



久しぶりに
バター入りのお菓子を作ったので
ちょっと苦戦しました。





定番の
ジンジャーハニークッキー。

こちらは
菜種油ときび砂糖
なかしましほさんのレシピ。

うちの子どもたちは
こっちの方が
好きなんですって。



ときどき
大量生産してみる。

丁寧に
たくさん。すると

気持ちが落ち着く。

まぁ、ボランティアなので
無くても大丈夫ってとこが
責任が無いのが
良いのかも。

わたしが
料理するときは
食べてくれる人が
どんな顔するかなって言うのは楽しみ。
それ以上に
食べてるれる人がいることが
嬉しい。

もしかしたら
私が
「自分ができるアピール」
をしていると思う人も
いるかもしれない。
むーみんにはよく言われる、
「そんなに他人に良く思われたいのか。」

それなら
もっと
技術を磨いて
お店顔負けにまで頑張るとかするかな。
私の料理は
あくまでも素人作業。
練習や修行してる訳じゃいから
プロの方に対して失礼だと思う。

そんな
料理好きな私が
させてもらえること。
機会があれば楽しんで。
みんなの笑顔が
報酬であると言うのは
かっこよすぎるかもしれない。
でも
喜んでくれたらいいなぁ、と
願いながら。




迂回迂回  

岡山のシュタイナー教室に
行ってきました。
10月は
先生が
北海道の学校で
教えていらしたらしく
久しぶりの岡山クラス。
160㎞のドライブで岡山ICをおりると
交通規制。

岡山マラソン当日でした。
迂回迂回。
南へ北へ。
目的地にはマラソンが終わるまで
たどり着けないのではないかと…。

目的地は
マラソンコース沿い。
岡山駅前で
交通整備のおじちゃんにお聞きすると
「10時には解除になるからそれまで待つんがええよ。」
結局50分岡山市内をさまよいました。
けど
岡山市内は
楽しそうな所がたくさんあるみたい
なのがわかった。

飲み屋さん街だと思いますが
小さな川沿いの遊歩道とか。
そんなこんなで1時間も遅刻。
今日から
「神秘学概論」を読んでいきます。
今回は「土星紀」
内容は…。
先生のまとめられた
図式を
色鉛筆で描き描きしながら。
「神秘学概論」は
4年位前から
読み始め
進んでは戻り
飛ばしては戻り
何度も読んでるところあれば
眺めただけのところもあり。
1人で読んで理解するのは
だいぶ辛い。
(これを読むだけでも修行になるって
私の先生は言われます。)
今日のお目当は
授業だけではなく
こちら

(横になっちゃった)
森省吾先生の新しい
訳本。
サイン入り!
大事に読みます。
(いつになるかは不明ですが)
お昼ご飯時間には
シュタイナーの経済学を読まれた方が
今回のトランプ当選
今後の経済について熱く語ってくださいました。
経済学は全く興味なく知識もない私には
気が遠くなるような事でしたが
「トランプは田中角栄みたいな存在」というのは
これからの世界経済を見るキーワードとして
覚えておこうと思いました。
帰りも迂回しながら

福山あたりで頭痛がひどくなり
尾道お寺巡りは断念。
小谷SAで
ロイヤルミルクティー飲みながら
頭痛が去るまで
ドッグランの
ワンちゃんたちを見てました。
おとなしい
バーニーズマウンテンドッグがいて
その子に遊びの誘いをかける
ゴールデンレトリバーの子犬くん。
そこへシェルティが入ってきました。
犬には興味なさそうな子。
ご主人の横で伏せてて
ゴールデンの子犬が来て
お尻クンクンしても
無視。
というか
どうして良いのかわからない様子。
ラクシーも
ずっと他のワンちゃんに触れ合ってないなぁ。
ベランダから
お友達が来るのを
尻尾振って見てるだけ。
たまには連れ出さなくては。
そんな事を思いつつ
頭痛もとれたので
広島へ無事戻りました。
その後
この2ヶ月
買おうかどうしようか
迷っていた
鞄と
これまた半年近く悩んでいた
スタバのタンブラーを
思い切って買ってしまった。
衝動買いと、いうのかな?
長い1日でした。

巡っていくこと 

前髪を
酔った勢いで切り過ぎてしまい
相当落ち込んでいるMyyです。

すなふきんは
14歳にして肩こり。

やれやれ。



「すなふきん、どうした?」



「ありゃァ、気持ちいいねぇ」



「そこも~~」




岡山市の大人のシュタイナークラスに
参加してきました。



「No one 」
Alicia Keysを聞きながら160㎞。


「I just want you close 
Where you can stay forever
You can be sure
That it will only get better.
No one can get in the way of what I'm feeling.」

 誰にも止められない
わたしの気持ち、
わたしが行きたいところに
好きな人のところに
行かせてもらいたい。



森省吾先生のクラスです。


「いかにして高次の世界を認識するか」
ルドルフ シュタイナー著
を読み進んでいます。


今日は
最終章。



チャクラを開き
瞑想し修行を重ねていく

けど

日常生活を
社会性を
協働を

行いながら歩んでいくのが

シュタイナーの真骨頂だと
私は思っています。


地に足がつき、
宇宙とつながる。


あちらとこちらを
私の魂が奏でる。



相当
かなり
強い意志で


修行を積んだ上で言えること。


自己の灯火を輝きさせつつ
獲得した新たな力を
他者への奉仕へ動く。



「探求者の使命は、初めてから、献身的に協力しようとする意志を持って超感覚界に足を踏み入れる。」



ホントにできるまで
遠ざけるのも守護者の役割である。

のだぁ。



程遠いことではありますが

来世で輝くわたしの為にも
きっと来世でも関わる事になる
大切な人の為にも

今世で
わたしらしくできること。


シュタイナーは教えてくれます、
まだよくわからないけど。


帰りに
尾道のお寺めぐりの続きを
しようと思っていたのですが、


雨がひどくて歩くの断念。



でも
尾道のインターチェンジで
おりちゃったから


御調の
こちらへ。


園鍔勝三彫刻美術館




NHKのニュースでも
中国新聞でも載ってたので。


御調は
Jazzerciseで毎週通ってて
看板見つつの素通りだったらから。





すごい。

受付のおじちゃんが



くれた、魔法のお箸。


かなり楽しいので
お時間があって
他のお客さんがいないときに是非!



「月の光」

という作品は

私と私の未来に居る人との
情景のようで。

片方は裸足。
もう一方は不思議なかぶりもの。


並んで経典を読み語らう。

三日月の元。

まだ明るいんだね。

信頼と相互の心のやりとりの様子。

いつか
かの人と。

肩よせて語らえたら。



なので
帰り道は
「星と風とメビウスの輪」
Mr. Children 

私の意識のために
書き起こそ。

「抱かれて 磨かれて
輝くことでまた 抱かれて
君と僕が
そんなメビウスの輪の上を笑いながら
寄り添って歩けたら。
人の弱さ  心の脆さ
かばい合うよに また一歩ずつ
暗闇に迷うなら
心に光ってる星を頼りに進もうか…
愛されて優しくなれて
その優しさ故に愛されて…」

今日、読んだ章。

修行を、積んだ上で

「自分ひとりの幸福をエゴイスティックに追い求めたいという誘惑を退けるくらい私たちが純化されていなくてはならない。私たちの仲間である人びとに対する愛なのである。」


私の先生は
そういう人だと確信する、
そのために?ではないけど

だから

他の先生のクラスで
学ぶことができる。


私は先生のために
何かできるだろうか?



愛を
愛で
メビウスの輪のように
くるくる回って
届かなくても
くるくるできるといいなぁ。



私の大切な人へ。

届かなくても
できること。

岡山ドライブ。

私の時間。

そして
今の繋がりにおいて
変化を感じつつも知りつつも
この時間をくれる
私の家族に
ありがとう。




skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ