FC2ブログ

疲れ、ということ 

疲れているのだ。

わたしの仕事が
言葉や理論では少し通じない世界。

失語
認知症
孤独(これは家族さんの方)……。


高齢になると
エーテル体が薄くなる。
だからエーテル体を他から得る。

とすると
高齢者と接すると
エーテル体を供出することになる。


さらっと接すれば良いのかもしれないけど

私が
その瞬間に
同調したいので

するとすると


エーテル体を共有することになり。

したら
あげちゃうかな。

そもそも
私の自我が弱いから
自分のエーテル体の
保持ができないわけで。


情けない…。



この仕事をしていて
つくづく感じる。


人と人との「あいだ」
流れる
共有する

「空間」


繊細でいよう。
人といるとき。
わたしを使おう。

そのために
自我を律しなければ。

感情をコントロールするには
(感情は思考でコントロールできるのだが)

思考を活性がするには

エーテル体を
確かにしよう。

すれば肉体は軽やかになるはず。

だから?
そう
だから
ちょっとだけ
甘えたくなる、感情に。

魂の構造はおもしろい。



スポンサーサイト

Take the harmony  

いろんなご縁で
開催に至った
シュタイナー人智学の講演会。


あらためて
私がどれくらい優しい人の中で
生きているかを感じた、今日です。


運営にあたり
Volunteer の方あり。
お申し出に有難い…。


託児をお引き受けし
その時間で
クッキーを、焼きました。
お手伝いに来てくれた
すなふきんとみむら姉さん。
預けてくださった親御さんに感謝です。
とてもよい時間を過ごすことができました。
うちの子たちの、よい人間である事が
あらわれた時間。
来てくれた子たちもみなよいお子で…。

ミラクルですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



甘えられるところには
たくさん甘えたら欣し。
甘えてほしいわたし。
わたしも甘える。
それは相互で成り立つことです。

けど
甘えることと
だらかと言って
傷つけていいことはちがう。
他人に暴いてよいわけではない。
勝手に他人の前にさらけ出してよいわけではない。


調子にのってはよろしくない。
急な早口と変に高い声、大声

そして
やっぱり、
わかってはもらってなかったのだと。

まぁそこは
わかってくれてるという
甘えの中で私が勝手に
妄想していたのでしょう。
そういうことで言えば、
私も、
甘えていた。



法律によっての
確固たる関係もある。
確固たる関係であれば
許容されることがある。
しかし許与絵範囲であっても…。


逆に
法律による確定がない関係の場合
どこに自我を持って行うのか?
どこにわたしを置くのか?


大切にしたい
けど
哀しさのの想いは、怒りにもなるわけで。


暴いてよいわけではない。


甘えていた
の言葉に
さらに傷ついたわたし。
「結局はわかってもらえてなかったのだ」




許すという言葉で言えば
もう、とっくに許している。
けど
傷を、癒すには
日にち薬が必要。



時間は
癒してくれる。
わたしがこなしてきたこと。



私に与えられていることに
concentration.

ちょうど
わたしを見なおす時期に差し掛かってるのかもしれない。


13夜はおしえてくれる 

今日の
「世界は応援してくれている」編。

午前中Jazzercise に行った、その帰り際。
インストラクターから呼び止められた。

歯科治療に関する
セカンドオピニオンを求められた。
まぁ、見たわけではないのでお話上での事。
先生がどうしたいのかがはっきりしただけ。
でも話をした事に満足されたようで良かった。
先生は普段
あまり個人的な事には触れない方なので
意外でしたが、スタッフさんからのプッシュだったみたい。



良かったのはこの事ではなく、
私がJazzercise に出かける前に
むーみんに
「お昼ご飯を買いに行っておいてほしい」と頼んでいた事。

レッスン終わって直ぐに私が行けば
ちびのみぃの習い事に間に合う計算だったところ(普段はそうしてる)
お願いしていたので
帰宅予定が30分遅れても大丈夫だった。
安心して先生の話をゆっくり聞けたということ。


…ミラクル…



その後
トイレでスマホを落としたけど
うまく滑ってポントンしなかったし。



そして…。


おやつを近所のケーキ屋さんにて
「まごころチーズを4つください。」


帰ってみると5つ入っている。
レシートには4つ分。

慌ててお店に戻った。
お代を払おうとしたら
「引き取ります。」と。

遠いケーキ屋さんだったら
返しに行かなかったかも?
黙って食べちゃったかも?
電話だけして「お召し上がりください。」と言ってもらえてたかも???

などなど考えながら
神智学クラブ。


久しぶりにいらっしやる方のお誕生日が昨日だったと先生から聞き、何か、何か…サプライズ的な何か…。

あの1個多かったお菓子は
この為だったの?
「いえいえ、1度持ち帰ったので200円払います。」って言えばよかった、と思いつつ、冷蔵庫には1個冷えてる、みむら姉さんの分。

これを使おう。


すなふきんが
野球ボール型のキャンドルを提供してくれた、文化祭のおまけらしい。


めでたく
Happy birthday を歌えて
私は嬉しかった!


みむら姉さんのおやつ?

「あなたの分をお誕生日の方にあげました。ありがとうね。」で

「ふーん。」と興味無さそうに晩ご飯を食べ始めました。
「キャラメルポップコーンは全部食べていいよ。」っていうと
「全部ね。」って、言った割に、
きょうだい3人でわけわけ食べたみたい。



その後
2年前に1度だけ
シュタイナークラスでお会いした方から
連絡があり。なんだかまた逢えるみたい!

妹とお誕生日が同じ、大学の後輩になる方。
私のお願いを(正確には私の知り合いのお願い…)聞いてくださって
なんだかミラクル。


多少
これでよかったのかなとか
いらないことをしたのかなとへこんだりしたwaxing moon の先週と今週でした。


わたしらしいって
どういう事か
問いつづける。

近くの
大切な人を
大切にしなくて
遠くの人を大切にできるだろうか?

ここ数年のテーマ。

今日はじわじわ感じさせらせる1日でした。



ゲーテに学ぶ幸福論 

ゲーテに学ぶ幸福論
木原武一著

「不機嫌は罪悪」

不機嫌は怠惰なのだそうだ。
思い当たるところはありあまる。

私次第で
その場を穏やかにするか
切迫したものにするかを
私が決められる。

子どもは些細な本質を見極めるので
偽物の穏やかさより
あからさまの苛立ちの方がすっきりするようだ。
苛立ちを一瞬のうちに
怠惰さから大急ぎで逃げて
誠実さえと
本質で思い置き換えること。
日々是修行。
疲れている時にはだいぶ泣きたくなる。

映している写している 

お隣の方が
「おたくのゲートに車ぶつけてしまいました。」と連絡してくださり。
でも直接お話しできず日をまたぎの今朝。

もともと前の家からのゲートなので
20年くらい前のもの。
確かに支柱が歪んでお隣に寄りかかっているので、我が家の方が敷地妨害かも。
保険会社にも連絡してるからっておっしゃってくださったのですが。
きっといつもご迷惑おかけしているのはこちらの方で。そして十分普段からお気づかいいただいてるので。美味しい海苔も食べられているわけで。
そんなこんなの「おたがいさま」って言っていいのかなぁ?
やっぱりこちらがお世話になってます、かな!
保険使うのはもったいない。


パーシバァル。

シュタイナークラスの先生に勧められた
直後の
FBでのみ繋がっている先生からの投稿で
頼んじゃった、アマゾンに。



五世紀頃からのお話。
雰囲気としては
日本の源平合戦、鎌倉時代なのかな?500年くるい隔たりはあるけど。




Gray goat のLaxie 。

たいがい
つかず離れず私を見ている。

私もそうだ。
時々くっつきたくなって隙を狙う。
じぃっとみてる。
そんな私には詳しいので気をつけているのだけど…。

ついね。
ぺっとりしてしまいたくなるわけで。

Laxie はMyy の鏡写し。
子どもたちは
まさに!
ひとつひとつの動きが私を映している。

パーシバァルは一寸法師。
その子の力。
持っているものを迷いなく信じている。





今のわたしは…。

散歩中だと思えば
来世へのお土産探し、ぷらぷらり。








skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ