お彼岸です 

春分の日。

私にとっては
結構
毎年
なんだか
すっきりしない時期の象徴。

とりあえず
お墓まいりはしておこう。

今年は
意図あって
家族5人そろってお墓まいりした。



すなふきんは
練習試合後
お疲れモードの中
快く私のお願いを聞いてくれた、



お父さん。





フグね
お父さんの好物。

お父さんが亡くなってから
見るのも嫌で。
山口の親戚が送ってくるのも
捨ててた。
悔しくて。

でも
お父さんの好きだったもの。
これと引き換えに死んじゃっても
よかったのよね。
馬鹿みたいだけど。






フグ屋で
30までの「いっせぇのせ」ゲームで盛り上がる。
の後は
iPodで曲当てジェスチャーゲーム。



なんだかね
お父さん生きてたらよかったのにね。
お母さんは別として
うちらとご飯食べに行ったら
面白かったと思うよ。

でも
お父さんが生きてたら
妹とお母さんの今の幸せはなかったかもと
思うと
ほんとうに切ない…。
そして
お父さんが死んでほっとしたと思った
あの時の私の事も
私は決して忘れない。


たら、れば、そんな風に
私たちは
日々過ごしている。

亡くなったものは戻ってこないし
普通の今だって過ぎ去っていく。


過ぎていく日々。
当たり前の日々。


私は
私の大切な人に

何ができるのだろうか?
願うことしかできないのかな。

じゃあ
私。




「私はおいていかれたのだけど
ご機嫌よ。」


今年はイースターがまだ先なのです。



もうしばらく
Myyには
すっきりした気持ちは
こないかも。


自我弱し。
エクササイズも
思考を流すことができない。

あなたのことも
流さない。


側にいてほしい。


春分
下弦の月


スポンサーサイト

すねちゃうのね…。 

家族ってなんだろう?

ここ数日のギモン。



「家の中では
のんびりしたい。

家の中では
自由にしていたい。」

反面

「家族だから
楽しくないといけない。

家族には
腹を立ててはいけない。

家族には
本音を言ってはいけない。

家族だから
傷つけてはいけない。」


という人が
むーみん家に
1人いる。ということなのかな。

この週末の
むーみん
すねて晩ご飯食べなかった事件。


私が
みむら姉さんの眼科受診の付き添いを
お願いしたから。
「この世界の片隅に」を
みむら姉さんとちびのみぃと
一緒に観に行く計画を立てたむーみんに
ちびのみぃの仲良しさんも連れて行ったら?って
提案したから。
みむら姉さんの新しい自転車
みむら姉さんと見てきてって
お願いしたから。



疲れちゃったのかな?



確かに
「もう少し
想像力を働かせたら
わかるよね〜。」と笑いながら言った
私が悪かったのだろう。彼にとっては。

俺、頑張ったのに…。




その前にちゃんと
いろんな所に行ってくれたことに
お礼はいったし
伝えたと思ってた。


うーん。

映画観てうちに帰ってきて
ラーメン食べながら
むーみんが
「誰もが泣くって書いてあったのに
そんなでもなかった。」と
なんども私に訴えたのがうっとうしかった。
私は原作の漫画は気に入ってたから。
泣けるよ。
笑えるよ。
派手さはないよ。
そこが良いとこ。って思ってた。
ちょっとイライラしてた。
「泣くポイントがあなたは人とは違ってことじゃない?」
さらっと流した。

自転車見に行く時も
「もし気に入ったのがあったらどうする?」って聞くから

「買ってきて。
ただみむら姉さんの今の自転車は
ちびのみぃが使うから
もし一台引き取れますってお店で言われたらちびのみぃの自転車でも良いか確認して」って
ちゃんと言ったよね、私。

なのに
なんどもお店から電話してきて
さも
私がすべての決定権を持っているかのように
「君が見ていないのに決めたら怒られるんじゃないかと…。」っていう割に
フェイスタイムとかじゃないし。
支払いもしたから
登録にかかる30分の間に
一度家に戻ってきたのは
偉かったよっていうか
待てなかったのね。

帰ってきてから
もうすでに
またお店に行くのは面倒くさいなって
思ってたよね。
そこは私が
その後の段取りを伝えたのに
全く意味がわかっていなかったよね。
もうめんどくさいばかりになってたから。
そもそも
見に行くだけっていう頭だったから。

でもみむら姉さんでも
最初からわかってた。
自転車見に行く→好きなのが見つかる→決める→ちびのみぃの自転車と交換→3人で再度お店に行く
という流れ。

書いてても
いやになる。

これで
なんで
すねることになる?

私が
いらんこと言うけぇ、ね。
むーみんが、傷ついたんよね。


めんどくさ。

うちのお母さんによく似てる。


中学生の時
ほんとのこと言ったら
「Myyが責める〜」ってすねて
私が悪者になるの図。
よくあった。


私は
家族だからといって
好き勝手なこと言っていいとは
思っていない。
けど
気付こうよ
家族だからなんでもしてもらえるってわけじゃないこと。
稼いできてくれてありがとう
留守を守ってくれてありがとう。
子どもたちがいい子に育ってくれてありがとう。

自分ばかりが
我慢していると思うあたりは
むーみんが
憂鬱質だから。
その割に
「自分の、ことが嫌いな人って世の中にあるんかな?」って
真面目な顔で
私たちに聞く、むーみん。
憂鬱質のむーみんが
育った環境が良かったのだと思う。
環境が良いところで育った
憂鬱質の子は
他者を責めるのが得意なのかもしれない。
自分大好きむーみん。


私ができること。

食べる事が大好きな人が
晩ご飯抜いたから
朝ごはんは多めに持たせ
おかずもお肉もいつもより
多めにして
月曜日の朝
送り出しました。

明日帰ってくるかもしれないなので
これから
好物の
ぶり大根を作ります。

みむら姉さんの
「パパ、まだすねとるんかね。」の言葉に
自分の在りようを
反省するMyyなのです。

家族って…。


晩ご飯の新風景 

晩ご飯も終わりがけ。




テーブルに突っ伏して泣いている…
訳ではありません。




熱々のお番茶が入っている
お湯のみに
目を当てて蒸気で暖めている、図。

面白いこと考えるなぁ。

Myyもやってみよ。




結構気持ち良い。



新しい習慣になるのか?

三拍子のノロイ 


今日は

みむら姉さんとちびのみぃの通う
小学校の
音楽発表会でした。

初めての行事。

夫むーみんと
体育館で
6学年全部
聴かせてもらいました!

むーみんの具合が
おかしくなったのは
「いつも何度でも」の演奏の後。

「三拍子が船酔いしたみたいになる。」

はぁ~?

「おれ、三拍子が無理。おかしくなる。」

今年の誰かの誕生日で
ギターで
Happy birthday歌って!
ってなった時に
発覚した。
むーみんのHappy birthday
が四拍子である事。
えっ、今までどうやって歌ってた?

確かに
むーみん独唱だと四拍子。
気持ち悪い。

新ためて
むーみんは三拍子が難しいことがわかった。

基本的に
日本には馴染みがない。
農作業する、漁をする。
ワルツでははかどらなさそう。
日本人には二拍子かな。
能楽なんかも
タン タン タン タ タン。

雅楽になると
拍子ですらとれないかも。

特訓開始。


一緒懸命
三角形を手で書きながら
みむら姉さんの
指導を受けるむーみんなのでした。

ムーンリバーも
だいぶ難しそうで
結局、四拍子で歌ってみるバージョンも
できてました。
みむら姉さん、すごいね。



ハロウィンナイト 

今日は
神智学クラブでした。

シュタイナー著
高橋巌訳
「神智学」
を読み進む大人のクラブ活動です。


私の感想

「本質は隠されてはいない」
隠しているのは私の問題。
出来事、相対する人、
何より私自身。
表現されている事を
そのまんま受け止めてみよう。
できるかな?
かなり難しい。
身近であればあるほど。
本質に近くなれば近くなるほど
物質的な表現から遠のく。
ぼんやりしたもの。
物質的なイメージから離れないと「いけない」。の?
でも
私は
現実に眼で近くできるもの
抱きしめられるものから感じたい、本質。

感じる感覚を魂で
宇宙からの導かれるもので
わかりたい。
受け取る時
「ぱさっ」ってストンって
小石のように受け止めたい思いでは
感じられないのかもしれない。
それもわたしの問題。
問題じゃなければ
課題、きっかけ、気付き、転換、喜びの点、哀しみの点。
言い換えられるけど。
小石だと思ってて巨石だったり
ホコリだったりするかもしれない。

ふーむ。


の階上では
家族のハロウィンパーティー。



アメリカから帰ってきて
地味に季節の行事を行ってきました。

手作りの衣装もたくさんあって。

日本でハロウィンが定着するなんて
思ってなかったなぁ、あの頃。

なにやらかにやら

なかよし兄妹&パパです。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ