秋分にむかって 

朝4時。
お隣さんの声で目覚めた。
涼しくなって窓全開だからね、
3階で寝てたとはいえ
うちの前でおしゃべりしてた声で目が覚めた。
大丈夫、夢もお隣さんだったから。




今日はどうしようかな?
と悩む前に体が痛いので
とりあえずJazzercise に行こう。
そのあと同じ会場にある図書館に行こう。

そのあとは
そのとき決めよう。


Jazzercise のクラスで
声かけられた。
「ちびのみぃちゃんのママですよね?」

へっっ?


どなた、どなたでしたっけ?


幼稚園の先生でした…。
よう覚えてくれとっちゃったです。
1年しかいなかったのに。
そのクラスにて
懐かし話のついでに
11年来、顔見知りの方。
お話しして
めちゃめちゃ近くで
長年暮らしてたことが判明した。
お子さんがうちの父の患者さんだった。

なんだか
今日は過去との対話の日という暗示?




最近
妹から悩み話を語られる。
昨日もそうだ。
仕事終わり(彼女にとっては仕事の合間)。
相談というより聞いてほしい、みたいな感じ。




お盆の頃から再読の
神智学「認識の小径」より
「最上の修行は、嫌悪を感じている人間について、このことを行う場合である。」
(高橋巌 訳 ちくま学芸文庫)
久しぶりに読んで
そろそろ妹に向かう時期が来たのかなと
思っていたのだ。

以前読んだ時、2年くらい前は
「お母さんについてはそろそろやってみるが妹についてはまだ無理!」って思ってた。




妹に対事しようと思った記念に
2人で自撮りした。




そこから
妹を少し見られるようになった。

今まで?


見ない、聞いても流す、見ても見ない。
命じられたことはすけどこちらからは関わりません。

が私の態度。



子ども頃は
泣いて帰って来た妹を見て
近所の男の子を叱りに行ったり、
親戚のみんなから可愛がられる妹に対して
私は「かわってる」と少し距離を置かれたり。
入院した妹の為に1人留守番の夜を過ごした小学3年生の秋1ヶ月。
(のちに仮病だったと本人から笑って告白)。
妹のバンド録音の為に2キロを自転車5分でぶっ飛ばして帰った件。
私の学費は妹の気軽な理転の資金になったり。


こうしてみると私は妹の為にどれだけ我慢させられたかということになる。
けど
立場が変わって妹にしてみれば
私がいたからこうなったのだと持論を持ち出す、散々聞いてきたこと。
母の文句と
妹の恨みを

振り返ればこの35年くらいずっと聞きてきた。


この2人を変えることはできないと
父が死んでから思った。
見ないことにした。

母は変わらない。このままお嬢様で終わる気だ。

妹は少し気づいたらしい。

結婚して子どもができたことが良かったのだろう。父が死んでから跡を継いだ事についての苦労は大したことでないことにも気づいたようだ。ほんとの苦労はこれからだと。



私は
早々にその場から
逃げた人間だ。


父亡き後は
母と妹には関わりたくなくて。

しかし
この土地に住んでいる以上
そうはいかない。
血縁とは、財産とは?


今の幸せは未来の不幸になるのだろうか?

忘れてならないのは
いつでも変われるわたしであること。

全部決まっているので
安心して
わたしが身を任せよう。
きっと開示してくれる、どうあればいいのかは。
スポンサーサイト

お散歩か爪切りか? 

あぁ〜切ってしまった。

爪の血管。




久々の
血みどろ事件。





食べることは出逢うこと 



初めて買った。

四角豆。

暖かいところで取れるものらしいが
世羅でも作っている模様。


2年くらい前から見るよね〜〜って
でもどうやって食べていいか想像できなかった。
思い切って買った。
そして調べた。
食べてみた。





「見た目のインパクトほどは珍しい難しい味ではない。」

インゲンの後味苦めの
筋張ってない、さやを食べる豆。
の分類に私の中では落ちた。



耳鳴り。





食べることに気をつけた方が良さそう。


ーーーーーーーーーーーーーーー
最初の右耳突発性難聴は
7年前?とにかく9月だった。
再発はないらしいが
都度聞こえない事が増えている。
レジで適当に返事をして困る事が増えた。

適当に返事せずに問い直すようにしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




季節にあった
お米中心の食事。


お米が苦手。だから!
田んぼに通う。

今日の雨でまた稲が倒れたに違いない。
明日行くのが、憂鬱。
でもやらないとね。
お米嫌いだから
美味しいお米は食べる。
だから自分でできる範囲で作る。

忘れてました 

何か事が思ったように進まないとき

思い出すのは
SEKAINO OWARI
「花鳥風月」

そうそう何か忘れてるのよ。


ここのとこの私の行動を振り返ってみる。

昨日は普通に仕事。
おとといはちょっと課題のある仕事だったけどクリア。
三日前は?普通に仕事、したかな?

日曜日。何したっけ?
えっつと。むーみんは泥んこバレーで早朝に出発で、1人で行ってもらった。
すなふきんは引退して部活なし。
みむら姉さんのリクエストで美術館に行ってスパニッシュレストランでランチ。の後アフィニス音楽祭に送り、ちびのみぃの模擬試験のお迎え、みむら姉さんお迎え。あぁその隙間にたまった洗濯物のお世話。


土曜日は神智学クラブ
その前にアフィニス音楽祭を観にいって
高速で渋滞に巻き込まれ
尾道のシュタイナークラスにいて。

金曜日は夜に車をこすって
その日は三日月クラブ合宿2日目。
木曜日は三日月クラブ合宿1日目。
その日の午前中に花火を買いに行き。

水曜日は仕事だけど1時間遅れにしてもらってすなふきんの引退試合。
火曜日月曜日はお盆休み明けでなんだか仕事がはかどらず…。


お盆休みは嵐の前の静けさのごとく


そりゃ車も擦るわ。
お金がかかりそうなので
埼玉のシュタイナークラスに行くのをやめました…。あっそういうこと⁇

きっと
物質に作用されないと私は止まらなくて
肉体の疲れに気づかないから。
「金銭問題」が私にストップをかけるのだ。
確かに木工をしていても
田んぼをしていても
少々の疲れや痛みでは作業をやめられない傾向がある。

スプーン作りも
手の皮が剥けてもやってるし
気づけば血が止まってなかったり。

田んぼも
日焼け気づかず同じ姿勢でやってしまう。



お金かぁ。




こどもたちの学校も再開し
お休みの木曜日。
擦った車をディーラーに連れて行き
ついでに点検してもらって2時間。
神智学を、読み。
今世で諦めた私は来世にかける気持ちを思い出し。


午後。

忘れとった。
ラクシーを洗ってない…。

先月もブラッシングのみでやり過ごした。


最近爪の音が気になっていた。
アンダーコートの毛も毎日すごい量。



洗おう!


Go to bath 。
には素直に従う、と言うか嬉しそうにお風呂場に入る。

まっ、爪切りは嫌がられます。
ドライヤーも、嫌!

半乾きで退場。




情けない姿じゃ。






まだ長い。
歩くとカツカツ音がする。
お散歩しないから
爪も肉球の毛も伸び放題。




「まぁいいでしょ。Myyは飲んどこ!」




賢そうな顔しても
バスタイムのすね様はめんどくさいよ。
できるしやるのに。



そんな木曜日の休日。

晩ご飯の支度するときのビールが美味しいこと!


あっ。これも忘れてた。

夏休みに入ってから
夕食準備のビールは
ただの起爆剤だった。
とにかく飲んでからの試合再開みたいな。


やはり
夏は忙しがったんだなぁ。

うちは疲れとるんよね。

体とからだのバランスは
生まれてこの40年以上とった事がない気がする。


天使はよく私のことを知っている。
気持ちを刺激するより
物質的に刺激しないと
わたしは気づかない。
すぐにサボるからね。


私は何かトラブルと名付けたくなるような事は
自分のせいというか
私の未熟さや準備不足がもたらすので
「天使のせい」にしたくなかった。


なんでも天使に押し付けちゃダメだ!


しかし
美味しいビールを飲んだ時に感じた
穏やかな夕暮れ。
大好きな夕暮れ。
涼しい風。

これはこれは
「天使のおしらせ」
細かいなぁ。
こんなことまでお世話してくれてるんだと思わずにはいられない。



私のカルマは
そこにはないと思う。



ほんとに些細なことを天使は教えてくれる。
だからこそ
天使のせいにしたり
なんでも引き合いに天使を出したりしたくない、というわたし。なのだ。
めんどくさい人だな。

みんなみたいに
天使、天使って言えたらいいのに。

そのくせ森の精霊は信じている。


やっぱり私はめんどくさい。

うそつきかしら? 

信じてもらえてないなぁと

思う今日この頃。



なぜ
私がそうするのか?


比べて見て
色鮮やかになる事。だったり


カモフラージュ。だったり



色々理由はありますわ。
話してないから
わからないのよね。


でも
私があなたのことが大好きだということは
覚えていてほしいな。

きっと
初めて会った時から変わらない。

大切に思っているから
右往左往しないでほしいな。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ