FC2ブログ

痛いと訴えるのははわがままなのか? 

私たちの
人間の存在自体が罪なのかな?と想行させる知人のFB記事。

原発も
汚染も
私たちの便利な生活の結果に生じている。


延命は?
可能性という医療で儲けたい人たちの…?


個人の幸せはみんなの幸せだと
北欧では
知識でも義務でもなくて文化としてある。

日本人は。
本来、自分の意思を持たないのが美徳だからか、法律を作ったりしないといけなくなっちゃう、「私」がないし私の自由が許されない民族。本当は
「わたしは私」って言いたい。
ケースにはめたり
分類したりはいらなくて
その時そのときのわたしを
あなたの側に置いておいて欲しい…。そう思うのは自然だから。


私は
仕事の上で
忘れないでおこうと思う。

痛みの訴えと
痛みとご本人との関わり。
その人が痛いというなら器質になくても痛いのだという、立場。
「痛いのですね」という
本心からの共感と
諦めないでいたい、私。


スポンサーサイト

替わり目らしい気分 

この3週間
アシスタント無しの仕事が多い。
いろいろ事情はあります…。
そしてアシスタント無しで
できる仕事なので…。

ここで気づきが2つ。
その1、アシスタントさんが居なくて気づいた、普段、アシストされてイライラしているということ。
その2、できるのだけど、放って置かれるのは、粗悪に扱われていると感じている自分。

その1とその2は
職場が違うから同列にするのもおかしいのかもしれないけど。私の中に沸く感情。

結局
私のしたいようにさせて!って言う
わがままな私なのだ。

どちらかといえば
「いらん事せんでくれるかな?」と
「そんなことより。他にして欲しい事があるのですけど、気づきませんか?あなた。私のこと、見てる?わかってる?あなたにはわからないだろうなぁ~、どうせ気づかないよねぇ。」と言う私の上から目線。



逆に
アシスタントが上から目線のバイト先。
「こんだけ準備したから後はやっといて。」というバイト先。
お願いした準備もできてないし。
訪問先に連絡もしてないし。
車出しても駐車場料金もガソリン代も出ないし。かと言って、タクシー頼んでもくれないし。当たり前のように「勝手に行ってきて」って。私はアルバイトだからブラックな歯科医院にもあたる。


こうして
ふつふつと
恨みがましい想いが沸くときに
私は
「左手でスポンジを持って食器を洗う」

左手で字を書くほどは難しくないけど
キッチンが右利き用だから違和感が生じる。
箸をまとめて洗う時の擦り方。普段はどうしとるか?とても無意識を意識する。


そういう事で
私はわたしを取り戻す。
醜く小さな私。
疲れてる。といえばおしまい。だけど…。


しがみつきたい今世。
もう少しできることがあるかもしれない。
それは2011年からしてきた「獲得したい」とは異なる獲得。
消極的である事。
消極的でありつつ、そういう環境で積極的に、なる時を見ていたい。




今日は
お気に入りのお皿を割って
安いグラスまで割った……。

こんな時にそばにいてくれたらいいと思う反面、、言い過ぎるくらい言われるということがわかってるから、言えない、あなた。
笑顔で抱きしめあえると全てが力になると知っている。

ご関係は? 

今日は
訪問診療の急患さんで
お仕事。

同行のスタッフさんを希望したところ
バイト先の院長が同行となりまして、、

2人で訪問して
看護師さんに
「衛生士が来られなくてかわりに、
こちら院長が来ました。」と紹介したところ
「ご関係は?」


えーっと
「私が長女で院長が次女の、姉妹です。」


何故
その問いが
出たのかな?って思ったら
やっぱりどこかしら似てるのかしらね。

院長は
先代から引き継いだため
こちらの訪問先に来た事がなくて。
外来と訪問との違いに
少々戸惑い。
分業、しましょう。
そして私は
訪問という環境が好きだ、という事。

それで良いよね、お父さん。

好き?嫌い?面白い? 

チョロギ


父の好物、のナンバー10くらいのチョロギ。世羅町の産を廿日市で発見。


ラクシーは
食べないよね?


子どもたちは
初めて見るから
「虫?」
「貝?」などびくびく。
あたらしもの嫌いのすなふきんが
珍しくお口に入れて
「?お菓子?」
ちびのみぃは
「カリカリ梅?」



漬け方が上手で美味しいチョロギでした。
チョロギって何?
面白い植物だな。
シソ科なので育てやすいかもと想像する。
語源もいろいろ面白くて。

お父さんは
不思議なものが好きだったのね。
今ならロマネスクとかも気に入ったかも。
渦巻き。


立春から春分にむかう。
過去過去想い出しても
一歩が重くて進まない時期の最中。

梅の香りや
寒さの中の少しの湿気、春めく空気や
魚介の美味しさ。
好きなものはたくさんあるのに
たくさんあるから?
好きなのに苦手な時期。

リセット感が苦手なのかな。
終わって始まる感じが苦手なのかな。
誕生日も来る(少し早いよ)?

そうだ、
終わると変化は苦手。
変化を求めているにもかかわらず。
きっちり終わった事がない気がする。
なぁなぁで、消滅する、関係が多い私。
そしてきっちり終わられた時に私は怒りを自分に向けて反省という優しい態度ではなく攻めて責めて、自分を痛めつける。

ーーーーーーーーーーーーー。

大切な人を
手放そうと思ったとき

本当に私がしたい事が
わかった気がした。

そして
その、大切な人が在るから
したい事が成立するという矛盾。

「積極的に消極的になる」

待つ事
見ておくこと
自分の期待を手放すこと


何かやってくるのかな?
何もやって来ないのかな?

運と縁に対して努力する事があるとすれば…。
私を整理しておく事。

ーーーーーーーーー。

季節のせいにしておこう。
好きなのに嫌い!
私はそれを繰り返す。

そういう事。

12と7 



12という数字は
調和的だと思う。
誰とでも仲良し。

素数は「自分と1だけ」。
だから美しくもある、
頑なさ、あいいれなさ
憧れや羨ましさ
孤独。

しかし12は
優しい。
それが便宜上で
便利だからで、あったとしても。
私にはない
「優しさ」
「思いやり」
「調和」
「奉仕」

そんな感じだ。
そうやって人は社会で生きている。





うちは5人家族で
やっているので
素数的である…。



5本の指には親指とその他という
構造上の違いがある。

7曜日。
日曜日だけ特別で
安息日であった。

首の骨は7。
回転するのにひとつだけ特別。
あとは同じ。

7の不思議。
ひとつだけ特別。




7は一区切り。
音階も(ピアノの黒鍵を入れると12になる)
オクターブかわる。
景色が変わる年。
天王星の移動。


春のにおいと共に
考える。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 いいかげんで☆いい塩梅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ